米韓外相が電話会談…朝鮮半島の非核化協力・日米韓の協力に共感

米韓外相が電話会談…朝鮮半島の非核化協力・日米韓の協力に共感

米韓外相が電話会談…朝鮮半島の非核化協力・日米韓の協力に共感(画像提供:wowkorea)

韓国のチョン・ウィヨン外交部(外務省)長官はブリンケン米国務長官と12日、電話会談をおこない、朝鮮半島の完全な非核化のため緊密に協力していくことを強調した。

外交部は同日、報道資料を通じて、「韓米(米韓)関係や朝鮮半島問題、地域及びグローバル事案など相互の関心事について意見を交わした」と明らかにした。チョン長官就任後、米韓外相が初めて電話会談をおこなった。

外交部は「韓米同盟が北東アジア、インド-太平洋地域、そして全世界平和・安定・繁栄の中核軸(linchpin)であるという点を再確認した」とし「グローバル懸案への対応と共同価値増進に寄与できるよう、韓米同盟を引き続き発展させていくことにした」と伝えた。

また「両長官は、できるだけ早い時期に両国間の懸案について議論するための高位級協議を開催することにした」と付け加えた。

さらに両長官は、日米韓の協力が持続されることが重要だという点でも共感し、最近のミャンマーの状況についても憂慮を共有したと外交部は伝えた。

関連記事(外部サイト)