12日午後6時までに298人が感染…旧正月連休は二日連続で減少傾向=韓国

12日午後6時までに298人が感染…旧正月連休は二日連続で減少傾向=韓国

12日午後6時までに298人が感染…旧正月連休は二日連続で減少傾向=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国における新型コロナウイルス感染者が、12日(午後6時時点)だけで298人発生した。

保健当局によると、この日午後6時時点で、全国17か所の広域自治体のうち、チョンナム(全南)とウルサン(蔚山)・チェジュ(済州)を除く14か所の市・道で感染者が出た。

前日(11日)の同じ時間帯の感染者310人(最終403人)より12人減り、夜間に追加される感染者を勘案した場合、再び300人台に戻ることも期待されている。しかし、連休に入り、減少傾向となっている感染者数は、診断検査を受ける人が減ったことが影響していると分析されている。

地域別の感染者数は、ソウル120人、キョンギ(京畿)76人、インチョン(仁川)30人、プサン(釜山)26人、チュンナム(忠南)14人、テグ(大邱)8人、キョンブク(慶北)5人、テジョン(大田)4人、チュンブク(忠北)・キョンナム(慶南)・チョンブク(全北)各3人、クァンジュ(光州)・カンウォン(江原)・セジョン(世宗)で各2人となった。

関連記事(外部サイト)