ソウル、新型コロナウイルスの死者355人のうち半分は今年に入って死亡=韓国

ソウル、新型コロナウイルスの死者355人のうち半分は今年に入って死亡=韓国

ソウル、新型コロナウイルスの死者355人のうち半分は今年に入って死亡=韓国(提供:news1)

ソウルで新型コロナウイルス(COVID-19)による死亡者が3人増加した。

14日、病気管理庁中央防疫対策本部によると、同日午前0時基準でソウル地域の新型コロナウイルスによる死者は前日より3人増えた355人である。

昨年12月31日までは177人だったソウルの死者数は今年に入り178人増えた。新型コロナウイルスの国内発症から1年間で確認された市内の死者の半数以上が最近1か月の間に集中しているということだ。

2月に入って発表された死者数は31人。1日平均死亡者は2.2人であり、1日平均4人を越えた1月と比較するとやや減少した。

関連記事(外部サイト)