警察、新型コロナ集団感染発生させた「IM宣教会」を押収捜索=韓国

警察、新型コロナ集団感染発生させた「IM宣教会」を押収捜索=韓国

警察、新型コロナ集団感染発生させた「IM宣教会」を押収捜索=韓国(画像提供:wowkorea)

テジョン(大田)警察庁が防疫規則に違反し新型コロナウイルスの集団感染を発生させたプロテスタント系宣教団体「IM宣教会」に対し15日、押収捜索を実施した。

大田警察庁の反腐敗経済犯罪捜査隊はこの日午前、大田中区のIM宣教会本部でコンピューターのハードディスクや書類などを確保している。

これに先立ち、市はIM宣教会のマイケル・ジョー宣教師と大田IEM国際学校の代表を感染病予防および管理に関する法律に違反した疑いで警察に告発している。

警察は、学校登録や学校設立の手続きなしに、学齢期の青少年(13〜19歳)を対象に30日以上学校教科(6年制中高等統合課程)を運営したことに対しても、違法性がないか調べている。

警察はIM宣教会の代表マイケル・ジョー宣教師に対する被疑者陳述を受ける予定だ。

IM宣教会で運営する未認可の教育機関では、大田IEM国際学校で128人の感染者が発生するなど、400人を超える新型コロナウイルス感染者が発生した。

関連記事(外部サイト)