フィリピン政府が撤去した“慰安婦像”が「蒸発」…重さ1トンもあるのに「誰が?」

フィリピン政府が撤去した“慰安婦像”が「蒸発」…重さ1トンもあるのに「誰が?」

韓国ソウルに設置されている「平和の少女像(慰安婦像)」(画像提供:wowkorea)

フィリピン政府により撤去された、元慰安婦を追悼する像が跡形もなく消えてしまった。

きのう(14日)香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、フィリピン・マニラに設置されていたが その後 撤去された、重さ約1トンにもなる慰安婦像が消えてしまった。一部では 盗難に遭ったという推測も出ているが、かなりの重さと大きさの像を民間人が密かに運び出すことは難しいという意見も出ている。

去る2018年 フィリピン政府は、日本側の強い要請により マニラに設置されていた慰安婦像を撤去した。

その後 この像は、設置するための他の場所を探している間 ある彫刻家に預けられ、女性団体などが像の新たな設置場所を見つけ計画を立てている間に、その姿が消えてしまった。

この像を保管していたスタジオの関係者は、像が消えてしまった事実を知らせ「慰安婦像は、重さが1トンにも達する。単純に盗まれたものではない」と語った。

警察は、像の盗難に関する調査に着手したとみられる。

フィリピン国家歴史委員会は、2017年12月8日 現地の民間団体の後援を受け、マニラベイの散策路に慰安婦像を設置した。銅像には「1942年から45年にかけて、日本の占領下で虐待を受けた全てのフィリピン女性の記憶」などの文が記されていた。

このことに対して フィリピン駐在の日本大使館は フィリピン政府に抗議をしたが、ロドリゴ・ドゥテルテ フィリピン大統領は「私(の力)では やめさせることのできない、憲法上の権利がある」と一蹴していたが、日本による粘り強い問題提起に 一転「措置をとる」として像を奇襲撤去した。

今回のことについて一部では、像がフィリピン内の新たな地域に設置されることを懸念したフィリピン政府が、像を無くしてしまったのではないかという疑惑もささやかれている。

関連記事(外部サイト)