日本も注目…「韓国バレーボール姉妹、暴力加害者としてオリンピック出場不可に」

日本も注目…「韓国バレーボール姉妹、暴力加害者としてオリンピック出場不可に」

日本も注目…「韓国バレーボール姉妹、暴力加害者としてオリンピック出場不可に」(画像提供:wowkorea)

学校での暴力行為が問題となったイ・ジェヨン-イ・ダヨン双子姉妹が、韓国代表資格を剥奪されたことについて、日本のメディアも報道した。

日本の時事通信は15日、「韓国女子バレーボール代表チームイ・ジェヨン-イ・ダヨン姉妹が中学時代のチームメイトを苦しめたことが明らかになり、東京オリンピック出場が事実上不可能になった」と報道した。

時事通信は「イ・ジェヨン-イ・ダヨン姉妹は韓国のオリンピック出場権獲得に重要な役割を果たした。人気があり多くのTV番組に出演もした」とし「しかし最近、中学校時代のチームメイトがSNSを介して彼女らが学校で暴力を奮ったと発言した。二人の選手はこれを認めて謝罪したが、非難が続いている」と説明した。

イ・ジェヨン-イ・ダヨン姉妹は、最近中学校在学中に学校で暴力行為をおこなった事実が明らかになり論議となった。所属チームの興国生命は15日、無期限出場停止処分を下した。

さらに大韓民国バレーボール協会は二人の選手の韓国代表資格を無期限に剥奪する懲戒を決定した。協会は「事の深刻さを考慮して、加害者を今後すべての国際大会選抜から除外する」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)