韓国軍、軍事境界線付近で北朝鮮男性の身柄確保…「亡命かどうか調査中」

韓国軍、軍事境界線付近で北朝鮮男性の身柄確保…「亡命かどうか調査中」

韓国軍、軍事境界線付近で北朝鮮男性の身柄確保…「亡命かどうか調査中」(画像提供:wowkorea)

韓国軍当局は16日午前、カンウォンド(江原道)前方地域で韓国軍の兵力に捕まった身元不明者が、北朝鮮から来たと推定されると明らかにした。

合同参謀本部によると、韓国軍は同日午前4時20分ごろ、北東部の南北軍事境界線に近い民間人出入統制線の検問所から南に移動していた身元不明者を防犯カメラによって識別した後、該当地域に作戦兵力を投入、捜索作戦を行なった。

この過程で該当地域には一時、警戒態勢警報「珍島犬1」が発令されたという。

韓国軍はその後午前7時20分ごろ、該当地域で北朝鮮の男性と推定される身元不明者の身柄を確保し、「現在、関係機関の協力の下、男性の韓国入りした過程や亡命の有無など細部事項に対する調査を進めている」と合同参謀本部が伝えた。

合同参謀本部の説明通りなら、身元不明者の識別後から検挙まで、3時間ほどかかったことになる。

関連記事(外部サイト)