「金大中拉致事件」のホテルグランドパレス、新型コロナの打撃で営業終了=韓国報道

「金大中拉致事件」のホテルグランドパレス、新型コロナの打撃で営業終了=韓国報道

「金大中拉致事件」のホテルグランドパレス、新型コロナの打撃で営業終了=韓国報道(画像提供:wowkorea)

1973年に故キム・デジュン(金大中)元大統領の拉致事件が起きた東京のホテルグランドパレスが今年6月で営業を終了する。

ホテル側は今月9日に公式ホームページを通じ新型コロナウイルスによる経営悪化のため6月30日で営業を終了する予定だと発表した。

東京千代田区にあるこのホテルは1972年に開業し、近くには靖国神社がある。

新型コロナウイルス拡散に伴う観光客の急減で、このホテルの昨年の売り上げは前年比70%も減少したと伝えられた。

1973年8月8日、パク・チョンヒ(朴正熙)政権下の中央情報部(現・国家情報院)要員らは、野党指導者として反維新活動を展開していた金元大統領をこのホテルで拉致した。

その後の調査によると、要員らは韓国に連れて行く船上で金元大統領を水葬させる計画もあったが、これを見破った米国側の介入により、金元大統領を自宅付近で開放したものと伝えられた。

関連記事(外部サイト)