北朝鮮の李雪主氏が姿を現さなかったことに、「出産ではなく、新型コロナのためと判断」=韓国統一部長官

北朝鮮の李雪主氏が姿を現さなかったことに、「出産ではなく、新型コロナのためと判断」=韓国統一部長官

北朝鮮の李雪主氏が姿を現さなかったことに、「出産ではなく、新型コロナのためと判断」=韓国統一部長官(画像提供:wowkorea)

韓国統一部のイ・イニョン(李仁栄)長官が18日、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記夫人のリ・ソルジュ(李雪主)氏が、1年1か月ぶりに公の場に登場したことをめぐり、新型コロナウイルス感染症防疫と関連があると分析した。

一部の出産説については、個人的な私見であることを前提に、「そのように判断していない」と述べた。

李仁栄長官はこの日、国会の外交統一委員会の業務報告において、李雪主氏の再登場と出産説を問う質問に、「統一部では特別に把握していない」と答えながら、このように述べた。

また、「(妊娠・出産など)そのような理由として把握していない」とし「身辺異常説よりは、新型コロナウイルスの状況、通常の外交などにおいて『ファーストレディー』の役割などを考慮して、公の場に登場しなかったものと判断する」と説明した。

これに先立ち、韓国国家情報院は16日、国会の情報委員会で、李雪主氏がこれまで公の場に現れなかったことについて、「特異な動向はなく、子どもたちとよく遊んでいる」とし「新型コロナウイルスの防疫問題などのため、登場しなかったようだ」と報告していた。

関連記事(外部サイト)