北朝鮮で”1億3000万年前の化石”発掘、中生代の鳥類か

北朝鮮で”1億3000万年前の化石”発掘、中生代の鳥類か

北朝鮮で”1億3000万年前の化石”発掘、中生代の鳥類か(画像提供:wowkorea)

北朝鮮が、約1億3000万年前の中生代の化石を発掘したと19日、労働党機関紙「労働新聞」が報じた。

労働新聞は、化石が新義州市の白土洞地区で発掘され、金日成総合大学・地質学部の古生物学研究チームが調査と研究を通して化石を探し出したと伝えた。

同報道によると、今回発掘された化石は鳥の一部で頭蓋骨、指の骨、羽の毛など11点が確認されたという。

また、昆虫や魚、ワラビなどの化石も発掘されたと伝えた。

今回の発掘について労働新聞は「これは、世界的にも珍しく貴重なもの」とし「国家科学技術審議は、白土洞地区の研究結果がわが国の中生代、白亜紀の生物に関する研究を深化することにおいて学術的に大きな研究成果だと評価した」と言及した。

関連記事(外部サイト)