文大統領、日韓問題解決に「被害者の同意が重要」=韓国

文大統領、日韓問題解決に「被害者の同意が重要」=韓国

文大統領、日韓問題解決に「被害者の同意が重要」=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が19日、徴用工問題賠償判決、日本軍慰安婦被害者等、日韓紛争の解決について「政府間で合意がされても、被害者の同意が重要だ」と述べた。

文大統領はこの日午前、「共に民主党」執行部との懇談会で、「(被害者および日本間の)補償金のために解決できない問題であれば、これを国が解決し、前向きに日韓関係を改善させていくのはどうか」という趣旨の質問に、このように答えたと伝えられた。

カン・ミンソク大統領府報道官はこれについて「普段通りの立場を示した」とし「日韓間の協力が必要であり、日米韓の関係も重要であるため、日韓関係正常化のために党からも支援してほしいと要請した。日韓関係正常化の努力が言葉の趣旨だ」と伝えた。

会議参加者は、文大統領が「政府が代わりに賠償金を支払って解決される問題ではない」と述べたと伝えた。

また、文大統領は「日本の心のこもった謝罪に(問題解決されるかどうかが)かかっている」と発言したことが分かった。

ある参加者は「我々は被害者中心の解決主義」とし「外部では(被害者に対しての)補償金問題が主な原因ではないかという指摘もあるが(文大統領は)それはないだろう」と説明した。

続いて「当事者が受け入れない場合、解決できるのか、というのが本質だ」と付け加えた。

一方、イ・ナギョン(李洛淵)代表はこの日の懇談会で、政権後半期に入ったことについて「政権再創出というより再信任という姿勢でいなければならない」と発言したことが分かった。

関連記事(外部サイト)