「携帯電話番号」などの個人情報の代わりに「個人安心番号」を導入=韓国

「携帯電話番号」などの個人情報の代わりに「個人安心番号」を導入=韓国

「携帯電話番号」などの個人情報の代わりに「個人安心番号」を導入=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国において、今後数字4桁とハングル2文字で構成された個人安心番号を利用すれば、レストランやカフェなどで個人情報である携帯電話の番号を書かなくてもよい。

中央災難安全対策本部は「個人安心番号」を導入したと20日、明らかにした。

個人安心番号は、国民らがレストランやカフェなどの施設を利用する際に、安心して携帯電話番号の代わりに記載できる番号だ。数字4桁とハングル2文字の6文字で構成されており、「政府-市民社会-民間協業」で導入した。

ネイバーパスおよびカカオパスのQRチェックイン画面から簡単に確認することができ、最初の1回発給後は、新型コロナウイルス終息時まで使用可能だ。防疫当局は、個人安心番号の導入により、個人情報の流出および誤・乱用に対する国民の心配を解消できるものと期待している。

個人安心番号は、書いておいたり覚えておけば、アプリケーションを起動しなくても不便なく使用することが可能だ。

関連記事(外部サイト)