「法的統制」強化を予告した北朝鮮「遵法精神を確立しよう」

「法的統制」強化を予告した北朝鮮「遵法精神を確立しよう」

「法的統制」強化を予告した北朝鮮「遵法精神を確立しよう」(画像提供:wowkorea)

キム・ジョンウン(金正恩)労働党総書記が全員会議で「法的統制の強化」を予告した中、北朝鮮が全社会的に遵法精神の確立を徹底するよう促した。

労働党機関紙の労働新聞は21日、「革命的な遵法精神確立は、社会主義建設の画期的進歩のための重要な事業」という見出しの論説で「朝鮮人民の闘争と生活の中で、明確な変化と実際の成果を取得するために重要なことは、全社会的な遵法精神を確立すること」とし、以下のように報道した。

新聞は「全社会に革命的な遵法精神を築くことは、社会主義法治国家建設に不可欠な事業」とし「社会主義法治国家の建設は人民の生命安全と社会政治的安定を維持し、国の綱紀を立て直し、国家社会制度を強固発展させるための基本的担保」と定義した。

これは金正恩総書記が今月8日から4日間に渡り行われた総会で、「国家の法である人民経済計画と執行過程のため、法的監視と統制を強化しなければならない」と全ての部門、単位に向かって「絶対服従」を要求したことによるものと思われる。

特に「全社会に革命的な遵法精神を確立することは、何よりも以民為天、一心団結に基づいた朝鮮式社会主義を断固として守り、更に輝かせるための重要な要件」とし「法の規制的、統制的役割を高めてきた社会に自ら遵法精神を徹底させる時、人民の生活向上のための明確な前進が成し遂げられる」と語っている。

続いて「今の帝国主義の反動層は以民為天、一心団結の尊厳高く、強大な私たちの社会主義制度を内部から瓦解させようと腐ったブルジョワ思想文化の浸透策動に強くしがみついている」とし「国家の法的統制機能が弱体化され、人々の遵法精神があいまいになると帝国主義者がまき散らす異色思想と生活風潮に浸かってしまう」と指摘した。

また、「我が国には経済管理と関連した部門法とその施行規定があり、変遷される時代環境と現実発展の要求に合わせて法規範と規定をより細分化、具体化するための事業が深刻化している」とし「国の経済の重要な命脈と全日性を強化するための事業を強く推進するためには、経済事業と関連した法規範と規定を徹底的に守らなければならない」と強調した。

これは、経済活動におけるあらゆる違法行為に対する法的統制を強化するという金総書記の言及を上記したと解釈される。

新聞はまた「人民経済計画は、革命の要求と人民の利益を反映した党の指令であり、国の法律」とし「人民経済の全ての部門、全ての単位で下達される計画を毎日、毎月、四半期、現物指標ごとにひたすら実行し、国家的な立場で協働生産規律を遵守しなければならない」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)