パク・セボク永同郡知事「留学生へ検査勧告…不履行時は行政命令」=韓国

パク・セボク永同郡知事「留学生へ検査勧告…不履行時は行政命令」=韓国

パク・セボク永同郡知事「留学生へ検査勧告…不履行時は行政命令」=韓国(提供:news1)

パク・セボク チュンチョンブク(忠清北)道ヨンドン(永同)郡知事は21日、郡民に新型コロナウイルスの感染者発生で心配をおかけしたことを謝罪し、強力な防疫措置として追加感染がないようにするという意志を明らかにした。

パク知事は同日、新型コロナウイルス感染者発生に関連するブリーフィングを通して「郡内で前日に5人、本日午前に2人の計7人が追加感染した」とし「感染者は全てウズベキスタン国籍の大学に通う留学生である」と説明した。

続いて「感染者の住居と、把握した移動動線は防疫消毒を完了した」とし「現在、正確な動線把握のためにCCTV確認、カード使用内訳、現場確認等をしている」と付け加えた。

パク知事は「前日の午後から大学の寮生全員に対し全数調査のために入口に選別診療所を設けている」とした。

続いて「ウズベキスタンなど外国人留学生に検査を受けるよう勧告した」とし「不履行時には行政命令を下す」と強調し、「郡内の外国人労働者を対象に速やかに抗原検査も実施する」とした。

パク知事は「無分別な情報とデマに惑わされず、郡のホームページと災害メールの指示に従って品ある市民意識を発揮してほしい」とし「新型コロナウイルスを克服するための防疫活動にも積極的に参加していただきたい」と述べた。

関連記事(外部サイト)