城南市長、慰安婦を“売春婦”とした米ハーバード大教授を強く批判

城南市長、慰安婦を“売春婦”とした米ハーバード大教授を強く批判

城南市長、慰安婦を“売春婦”とした米ハーバード大教授を強く批判(画像提供:wowkorea)

京畿道(キョンギド)城南(ソンナム)市のウン・スミ市長が2年前に逝去した独立運動家の故キム・ウジョン氏を回想し、慰安婦に対する心配や未来世代に対する期待などの心境を伝えた。

ウン市長は21日、自身のSNSに闘病中だったキム・ウジョン氏を見舞ったときに撮った写真とともに『2年前の今日』と題する文を掲載し、「2年前の今日、私は故キム・ウジョン先生の遺体安置所を訪れました。慰安婦被害者を売春婦だとむやみに言う歴史の胸が痛む悲劇にさらに大きな傷をつけるかのように混沌としている今、先生の意識と信念がさらに懐かしいばかりです」と書いた。

それとともに「先生、何が学問と表現の自由であり、何が守るべき“善”なのでしょうか。学問と表現の自由を押し立てて事実を歪曲して他人の名誉や価値を毀損し、侮辱する権利は、いかなる人にもありません」と強調して、日本軍慰安婦被害者を自発的“売春婦”と規定したハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授を強く批判した。

ウン市長は「少し前にチョン・ボクスおばあさんが亡くなり、慰安婦被害者で生存している人は、たった15人」だとし、「私たちよりも早く生まれ、つらい人生を生き抜いてこられた方々の選択と経験を正面からきちんと直面しながら、どんな道が我々の現在と未来を輝くものへと導いてくれるのかについて悩みが深まります」と悩みが多い現在の心境を明らかにした。

ウン市長は『東方は空もはて、雨ひとしずく降らぬその地にも、むしろ花は紅に咲くではないか』という李陸史の「花」の一小節を引用して未来世代に対する期待も示した。

ウン市長は「私たちよりも若い世代に恥ずかしいことが何一つなく、闇は終わり、きらびやかで平和な春が必ず訪れるでしょう。もうすぐ三一節(独立運動記念日)です。献身的だった先生の人生を忘れません」と語った。

光復軍出身の故キム・ウジョン氏は2019年2月20日午前8時12分に死去した。

キム・ウジョン氏は1944年5月に光復軍に合流し、国内の独立運動家との連絡任務などを遂行した。

1945年、キム・グ(金九)主席の機密秘書に抜擢され、韓国独立後にはキム・グ氏の個人秘書として働いた。1948年に平壌で開かれた南北交渉の際にもキム・グ氏と業務を随行した。

キム・ウジョン氏はその功勲が認められ、1990年に建国勲章愛国章を受章した。2003年からは光復会の第15代会長を歴任し、白凡 金九(ペクボム キム・グ)先生記念事業会の顧問も務めた。

城南市に定着して居住していたキム・ウジョン氏は城南市出身の独立運動家であり義兵長記念事業会の会長、城南抗日義兵記念塔の建設、独立運動に関する特別講演など、多彩な活動を行った。

関連記事(外部サイト)