「実効再生産数は1.1前後…首都圏もこの数値に近づいている」=韓国政府

「実効再生産数は1.1前後…首都圏もこの数値に近づいている」=韓国政府

「実効再生産指は1.1前後…首都圏もこの数値に近づいている」=韓国政府(画像提供:wowkorea)

韓国政府は、新型コロナウイルス感染症の実効再生産数が1.1前後に上昇しており、首都圏の同ウイルス実効再生産数も1.1に近づいていると明らかにした。

実効再生産数は、1人の感染者が新たに感染させる人数の平均値で、実効再生産数が1の場合は、感染者1人が1人に感染させるという意味である。当局は、実効再生産数が1を超える場合、感染者が増えると見ている。

中央事故収拾本部のソン・ヨンレ社会戦略班長は、21日の記者会見で「旧正月連休が終わった1週間の実効再生産数は、1.1前後に上がってきた状況だ」とし「特に首都圏の実効再生産数が1.1に近づいており、悪化傾向を示している」と述べた。

関連記事(外部サイト)