「統一相への告訴」の“鎮火”に乗り出した韓国統一省…「脱北民の証言は貴重な記録」

「統一相への告訴」の“鎮火”に乗り出した韓国統一省…「脱北民の証言は貴重な記録」

韓国で一部の脱北民は、李仁栄 統一相による脱北民証言に関する発言を問題視し、虚偽事実による名誉棄損で告訴すると予告した(画像提供:wowkorea)

韓国統一部(省)は22日、「イ・イニョン(李仁栄)統一相が去る2月3日 外国メディア記者との懇談会で『脱北者(北朝鮮離脱住民)たちの証言は信頼できないウソだ』という主旨で発言したわけではない」という立場を明らかにした。

つづけて「統一部と統一相は、脱北民たちの証言が わが政府と国際社会にとって北朝鮮の人権実態を知らせる貴重な記録だという明確な認識をもっている」と伝えた。

最近 イ統一相のこのような発言を問題視し 告訴を予告している脱北民たちに対して、統一省は 発言の主旨と統一省の立場を説明し、その鎮火に乗り出している。

統一部の報道官は この日の定例会見で、“一部の脱北民がイ統一相による最近の脱北民証言に関する発言を問題視し、虚偽事実による名誉棄損で告訴する”ということに対する問いに、先のように答えた。

イ統一相は去る3日 外国メディア記者懇談会で、北朝鮮の人権記録物の出版に関する説明をしている中「北朝鮮の人権に関して記録したことが実際にそうなのか、(脱北民による)一方的な記録なのかを確認し検証する過程が足りない」と語った。

このことに対して脱北民4人は「脱北者たちの証言は信頼できないウソだという主旨の発言だ」と反発し、イ統一相に対して告訴するという意思を明らかにした。

関連記事(外部サイト)