「“慰安婦論文”ハーバード大教授」発の三菱不買運動…米国で「請願あがる」、韓国まで波及か?

「“慰安婦論文”ハーバード大教授」発の三菱不買運動…米国で「請願あがる」、韓国まで波及か?

世界最大請願サイト“change.org”に掲載された「ボイコット三菱」(画像提供:wowkorea)

米国の韓国人社会で、三菱を相手にした不買運動が起きている中、「三菱不買運動」が韓国内まで拡散するのだろうか。

去る28日(現地時間)世界最大請願サイト“change.org”に、米国北部カリフォルニア州の韓国系団体たちが、三菱製品に対する不買運動を展開しようという請願をあげている。

この請願の背景には、慰安婦を売春婦と規定した米ハーバード大学ロースクールのジョン・マーク・ラムザイヤー教授が関連しているとされている。韓国系団体たちは この請願で、ラムザイヤー教授の肩書きが「三菱 日本法律研究教授」だという点を指摘した。ラムザイヤー教授は、三菱がハーバード大学に設立した基金を通して任用されているためである。

「慰安婦ユネスコ」という名で提起された今回の請願で、韓国系団体たちは「この請願はハーバード大学ロースクールの教授であるラムザイヤー教授による、偽りの有害な主張に関するものだ」と主張している。

これら韓国系団体たちは「三菱を後援し続けることは、三菱という企業により任用されているラムザイヤー教授の根拠のない侮辱的な主張を暗黙的に支持することになる」とし「自動車とTV、電子部品、エアコンと冷暖房空気浄化システムなどを含めた三菱製品を購入することをボイコットすることに参加してほしい」と求めた。

関連記事(外部サイト)