“慰安婦論文”ハーバード大教授に、北朝鮮が「非難」…「守銭奴、エセ学者」

“慰安婦論文”ハーバード大教授に、北朝鮮が「非難」…「守銭奴、エセ学者」

北朝鮮は、米ハーバード大学ロースクールのラムザイヤー教授を公に非難した(画像提供:wowkorea)

北朝鮮は、慰安婦の歴史を歪曲した米ハーバード大学ロースクールのジョン・マーク・ラムザイヤー教授を公に攻撃した。世界各国の学会と政界の人々までがラムザイヤー教授の論文撤回と謝罪を要求している中、北朝鮮もこの隊列に合流したかたちだ。

特に 日本に対しては、官営メディア“朝鮮中央テレビ”を通じて“3・1節 慰安婦関連ドキュメンタリー”を放映し、「最後まで血の決算をする」と警告した。

対外宣伝メディア“朝鮮の今日”は今日(2日)、慰安婦を「自発的売春婦」と規定した論文を書いたラムザイヤー教授に対して「醜い守銭奴、エセ学者」と猛非難した。

つづけて ラムザイヤー教授が日本企業“三菱”からの後援で学校の教授として務めていることも指摘し、更に「日本政府や朝鮮総督府が性売買を強要したということは事実ではなく、慰安婦たちは むしろ多くの金を稼いだ」というラムザイヤー教授の論文内容を このメディアは紹介し、これは 日本の右翼が主張してきた内容と一致すると指摘した。

また このメディアは「旧日本軍による性奴隷という犯罪は、古今東西を問わず類を見ない、最も醜い特大型の反人倫的犯罪だ」と伝えた。

関連記事(外部サイト)