韓国疾病管理庁長「ワクチン接種後の死亡申告、過度に不安がらないで」

韓国疾病管理庁長「ワクチン接種後の死亡申告、過度に不安がらないで」

韓国疾病管理庁長「ワクチン接種後の死亡申告、過度に不安がらないで」(画像提供:wowkorea)

韓国のチョン・ウンギョン新型コロナウイルス感染症予防接種対応推進団長(疾病管理庁長)が3日、アストラゼネカのワクチン接種後2件の死亡申告に関し、「予防接種対象になる方々は過度に不安がらず、接種前後の注意事項を守りながら接種を順番に受けてほしい」と要請した。

チョン団長はこの日、「今後、予防接種を受ける人が増加し、副反応に対する申告事例も増えるものと予想している」とし「予防接種の副反応は、接種を受けた後に生じるすべての症状や病気を意味する。ワクチンとの関連性、因果性については追加の調査と確認が必要な状況だ」と説明した。

また「予防接種に対する不安感が高まっているとは思う」としながらも、「しかし現在まで全世界的に予防接種が進行中だ。アナフィラキシーという重度の副反応以外に、重症の異常反応についてはこれまでのところ報告されていない、“ある程度安全性のあるワクチンが接種されている”と判断する」と言及した。

さらに「疾病庁は予防接種の過程で発生しうる副反応について、専門家の検討を通じて透明に説明し、また安全な予防接種を施行できるよう管理に万全を期す」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)

×