朝鮮オリンピック委員会、「平壌マラソン大会」の中止を公式確認

朝鮮オリンピック委員会、「平壌マラソン大会」の中止を公式確認

朝鮮オリンピック委員会、「平壌マラソン大会」の中止を公式確認(画像提供:wowkorea)

北朝鮮の朝鮮オリンピック委員会は、新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、ことしの「平壌マラソン」を公式的に中止することを4日、確認した。

この日、北朝鮮専門の旅行会社「Koryo Tours」によると、北朝鮮オリンピック関連の業務を管理する朝鮮オリンピック委員会は、新型コロナウイルスによる国境閉鎖により「2021年万景台賞国際マラソン大会」を中止したと明らかにした。

Koryo Toursがことしのマラソン大会と関連した北朝鮮当局の立場を公式的に明かすのは、今回が初めて。

1月中旬、Koryo Toursは平壌に行かなくても実際に平壌でマラソンに参加しているような感覚を味わえる「バーチャル(VIRTUAL)形式」でのマラソン大会を開催すると告知し注目された。しかし、その1週間後マラソン大会を無期限で延期すると伝えていた。

ただし、当時は北朝鮮当局の公式立場は伝えていなかった。

関連記事(外部サイト)

×