「復讐主義の野望の発露」北朝鮮、菅首相の靖国供物奉納など非難

「復讐主義の野望の発露」北朝鮮、菅首相の靖国供物奉納など非難

責任書記講習集会を指導した金正恩氏(2021年3月5日付朝鮮中央通信)

北朝鮮外務省は30日、日本の菅義偉首相が靖国神社に供物を奉納したことなどに対し、「日本当局は軍国主義の過去と決別しようとしていない」などと非難する日本研究所研究員名の論評を公式ウェブサイトに掲載した。

論評は、菅氏の春季例大祭に合わせた供物奉納や安倍晋三前首相の靖国神社参拝に言及。また、文部科学省の検定を最近通過した高校の歴史教科書が日本の侵略の歴史を歪曲しているとしながら、「日本当局者が軍国主義の亡霊たちを賛美するのは、日帝の侵略の歴史を美化粉飾し、敗亡の報復をしようとする復讐主義の野望の発露」であると激しく非難した。

関連記事(外部サイト)

×