北朝鮮、干拓地開発で1万3千ヘクタール確保

北朝鮮、干拓地開発で1万3千ヘクタール確保

洪建島と龍媒島の干拓地(2021年5月1日付労働新聞)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は1日、西海岸の洪建島(ホンゴンド)干拓地の第2段階と龍媒島(リョンメド)干拓地の第3、4区域建設が完了したと報じた。

北朝鮮は、慢性的な食糧難を克服するため、干拓地開発による農地確保を重点政策のひとつとしている。同通信によれば、今回の事業により1万3千ヘクタールの土地が新たに確保された。

関連記事(外部サイト)

×