「ソフトウェア保護法」など採択…北朝鮮最高人民会議常任委

「ソフトウェア保護法」など採択…北朝鮮最高人民会議常任委

デイリーNKジャパン

北朝鮮の最高人民会議常任委員会第14期第14回全員会議が先月30日に行われ、「革命事績事業法」など複数の法案が採択された。朝鮮中央通信が2日付で伝えた。

会議には崔龍海(チェ・リョンヘ)委員長、太亨徹(テ・ヒョンチョル)、パク・ヨンイルの両副委員長、高吉先(コ・ギルソン)書記長らが参加。「革命事績事業法」「ソフトウェア保護法」「商品識別符号管理法」の各法案と「環境保護法」「建設法」の改正案が上程され、満場一致で採択された。

関連記事(外部サイト)