韓国警察「対北ビラ」散布団体を家宅捜索

韓国警察「対北ビラ」散布団体を家宅捜索

ビラを北朝鮮に向けて飛ばす自由北韓運動連合(2019年4月14日、ニューシスKOREA)

韓国のソウル警察庁は6日、脱北者団体「自由北韓運動連合」の朴相学(パク・サンハク)代表の事務所などを南北関係発展法容疑で家宅捜索した。

同団体は先月25日から29日の間に2回に分けて、北朝鮮の金正恩体制を批判するビラ50万枚、小冊子500冊、1ドル紙幣5000枚を10個の大きな風船に入れ、非武装地帯(DMZ)付近から北朝鮮に向けて飛ばしたことを明らかにしている。

韓国の南北関係発展法は昨年、ビラ散布に反発した北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破したことなどを受けて改正された。3月から施行された改正法は、軍事境界線一帯での対北ビラ散布や拡声器放送などの行為に対し3年以下の懲役または3000万ウォン(約290万円)以下の罰金を科すことを盛り込んでいる。

改正法に対しては韓国国内のみならず米英などからも、「表現の自由の侵害だ」との批判が出ている。

関連記事(外部サイト)

×