北朝鮮、新型コロナ防疫活動をアピール

北朝鮮、新型コロナ防疫活動をアピール

軍人家族芸術サークル公演を鑑賞した金正恩氏と李雪主夫人(2021年5月6日付朝鮮中央通信)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は9日、社会の各分野で新型コロナウイルスに対する防疫活動が展開されていると主張する記事を配信した。

金正恩総書記は今月5日、李雪主(リ・ソルチュ)夫人とともに軍人家族の芸術公演を鑑賞した。この時、金正恩夫妻と数人の側近以外、周囲の参席者らはマスクを着用しており、北朝鮮当局が防疫活動を強化していることがうかがえる。

記事は、「中央非常防疫部門では、防疫の規定と細則をより合理的に修正、補完し、ウイルス流入の隙間を残らず遮断するための活動を力強く推し進めている」と強調した。

また、衛生防疫機関や教育機関、企業、工場、農場で防疫活動を綿密に行っていると主張した。

関連記事(外部サイト)

×