「軍事対応、いっそう猛烈に」北朝鮮外相、日米韓の連携に反発

北朝鮮の崔善姫(チェ・ソニ)外相は17日、日米韓が防衛上の連携を強化するなら「われわれの軍事的対応はいっそう猛烈になる」とする談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

崔氏は談話で、「米国と日本、南朝鮮が3者首脳会談を行い、自分らの侵略的な戦争演習が誘発させたわれわれの合法的かつ当為的な軍事的対応措置を『挑発』に断定し、『拡張(拡大)抑止力提供強化』と『強力で断固たる対応』についてでまかせに言ったことに対して厳重な警告の立場」を表明。

「今回の3者謀議は朝鮮半島情勢をいっそう予測不可能な局面へ追い込む」だろうとしながら、「米国の『拡張抑止力提供強化』と日増しにせわしくなる朝鮮半島周辺での連合軍の軍事活動は、米国と同盟国にさらなる不安定を招く愚昧な行為」だと非難した。

そのうえで「米国が同盟国に対する『拡張抑止力提供強化』に執着すればするほど、朝鮮半島と地域で挑発的で虚勢を張る軍事的活動を強化すればするほど、それに正比例してわれわれの軍事的対応はいっそう猛烈になるであろうし、それは米国と追随勢力により重大で現実的であり、不可避な脅威として迫ってくるであろう」と主張した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?