北朝鮮女性200人「密室の性上納」強要…上司や中国人社長が

北朝鮮女性200人「密室の性上納」強要…上司や中国人社長が

北朝鮮の女性兵士たち(アリランday)

中国に派遣された北朝鮮労働者の数は、昨年11月に行われたPCR検査の結果から遼寧省丹東だけで8万人、他の地域を含めると10万人に達すると見られている。

その8〜9割は女性だが、彼女らを管理する立場の人間は男性だ。そんな上下関係を利用した性暴力が横行している。中国のデイリーNK情報筋が伝えた。

遼寧省のある工場で働いていた20代半ばの女性が、食事が取れなくなり仕事にも支障をきたすほど体調が悪化した。心配した同僚は、外部の医療機関で診察を受けさせたところ、妊娠していたことがわかり、中絶手術を受けた。

工場を担当する保衛指導員が調査を行った結果、労働者を管理する某男性幹部により数回にわたって性暴力を受けていたことが判明した。加害男性が被害女性に補償金を支払うことで事件はもみ消されたが、「性暴力被害は女性の落ち度」とする北朝鮮の風潮を考えると、被害事実は女性に一生ついてまわるだろう。

上述の通り、北朝鮮労働者の多くが女性で、少数の男性幹部により管理される。少なくとも200人の女性が、2〜3人の男性幹部により管理されているケースが多いのだが、彼女らは自由な外出すらままならず、中国で厳格なゼロコロナ政策が敷かれていた状況下では、ほとんど「密室」とも言える環境に置かれていた。

その後も、寮と職場を行き来するだけの閉鎖した空間に置かれており、生活上の困ったことや悩みを解決するにはこれら幹部に話すより他ない。

また、賃金や党資金(国に納める上納金)など現金に関する管理もすべて男性幹部が行っている。女性たちは、そうした立場を悪用した「性上納」強要のリスクに常に晒されている。

万が一被害に遭った場合でも、通報するシステムも救助を求める手段もないため、ほとんどが闇に埋もれてしまう。加害者への処罰が行われるとしても、北朝鮮への帰国後になるため、新型コロナウイルス対策で国境が封鎖されている現在では、何の措置も取りようがないのだ。

性暴力のリスクに晒されているのは、工場労働者だけではない。

中国人経営のレストランやカラオケで働いている北朝鮮女性の場合、工場で働く労働者に比べて行動が自由である一方で、北朝鮮の男性幹部に加え、中国人経営者、客などから性暴力を受けることが多いという。

加害男性は「(北)朝鮮の女は一晩で2〜300元(約3900円〜5870円)もやればいい」「カネさえ出せば付いてくる」などとうそぶき、性暴力に及ぶ。被害女性の中には、性暴力に関する教育を受けていないため、自分が何をされているかも気づかない人もいるという。

実際、脱北して韓国に来てようやく自分が性暴力加害者であることに気づいたという証言は少なくない。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?