新型コロナ「監視対象者」が7000人…北朝鮮発表

新型コロナ「監視対象者」が7000人…北朝鮮発表

27日、新型コロナウィルスについて解説する保健省国家衛生検閲院のパク・ミョンス院長(朝鮮中央テレビ)

朝鮮労働党機関紙・労働新聞は1日、新型コロナウイルス対策を巡り「ウイルス伝染病を防ぐための宣伝と防疫事業、強度高く展開」と題した記事を掲載。その中で、平安南道(ピョンアンナムド)と江原道(カンウォンド)だけで3900人余りの「医学的監視対象者」がいると明らかにした。

記事は、「平安南道の党、政権機関、勤労団体、機関、企業所で、各種食料品や薪をはじめとする物資保障事業を上手く行い、道内の2420人の医学的監視対象者が何の不便もなく」過ごしていると説明。また、「1500人の医学的監視対象者がいる江原道でも、彼らのための後方物資保障に力を入れている」と伝えた。

これに先立ち、国営の朝鮮中央放送は先月24日、中朝国境に近い平安北道に「約3000人の医学的監視対象者がいる」と報じた。

これらの報道を総合すると、北朝鮮には新型コロナウイルス対策で監視を要する対象者が少なくとも約7000人いることになる。

北朝鮮当局は現在まで、国内で感染者は発生していないと説明しているが、非公式ルートでは感染者発生を疑わせる様々な情報が伝えられている。

関連記事(外部サイト)