「核抑止力で永遠に未来が保障される」金正恩氏、老兵大会で演説

「核抑止力で永遠に未来が保障される」金正恩氏、老兵大会で演説

第6回全国老兵大会に参加した金正恩氏(2020年7月28日付朝鮮中央通信より)

朝鮮戦争の休戦協定締結から67年となるのに際し、北朝鮮の平壌で第6回全国老兵大会が27日、行われた。金正恩党委員長が参加し祝賀演説を行った。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は演説で「我々の頼もしい効果的な自衛的核抑止力でもって、この地に二度と戦争という言葉はなくなり、我が国家の安全と未来は永遠に強固に保障される」と強調した。

大会では、党、政府、武力機関の活動家として長期間活動した崔永林(チェ・ヨンリム)、楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)、太宗秀(テ・ジョンス)、李明秀(リ・ミョンス)、李勇武(リ・ヨンム)、呉克烈(オ・グンニョル)、金時学(キム・シハク)らの参戦老兵がひな壇に座った。

また、崔龍海(チェ・リョンヘ)国務委員会第1副委員長、朴奉洙(パク・ポンジュ)朝鮮労働党中央委員会副委員長、党と政府の幹部である李炳哲(リ・ビョンチョル)、李日煥(リ・イルファン)、崔輝(チェ・フィ)、崔富一(チェ・ブイル)、李萬建(リ・マンゴン)、呉秀容(オ・スヨン)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、金与正(キム・ヨジョン)、金栄歓(キム・ヨンガァン)、朴正男(パク・チョンナム)、李煕用(リ・フィヨン)、キム・ジョンホ氏らと、朴正天(パク・チョンチョン)、金正官(キム・ジョングァン)の両氏をはじめ武力機関の活動家や、勤労者団体の活動家がひな壇の席に座った。

金正恩氏は、「金日成主席の指導に忠実に従って苛烈な祖国解放戦争で不滅の偉勲を立てて高貴な闘争精神を創造した戦勝世代の英雄的生を誉れ高く評価し、参戦老兵が新世代に1950年代の時代精神を信念の血筋としてしっかりつながせる」と述べた。

また、祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利記念館講師のキム・スンウン氏(共和国英雄)が新世代に向けたむ討論を行い、青年を代表して金日成総合大学の学生チョ・チュンヒョク氏、人民軍軍人を代表して朝鮮人民軍の軍官チ・ヨンミン氏が決意討論をした。

関連記事(外部サイト)