「自力更生は威力ある霊剣」北朝鮮紙、党大会へ向けてアピール

「自力更生は威力ある霊剣」北朝鮮紙、党大会へ向けてアピール

金正恩氏の司会の下、労働党中央委員会第7期第19回政治局拡大会議が開かれた(2020年10月6日付朝鮮中央通信より)

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は17日、「『80日間戦闘』の勝利は確定的である」と強調する署名入りの論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮では10月14日から、2020年1月に開催予定の党第8回大会に向けて「80日間戦闘」を開始した。論説は、従来から打ち出している「自力更生」のスローガンと「80日間戦闘」を結びつけながら、党大会を盛り上げようとする意図があるようだ。

論説は、「『80日間戦闘』でも自力更生は強力かつ威力ある霊剣である」「自力更生は『80日間戦闘』の闘争目標を成功裏に達成できるようにする革命的な闘争方式」などと強調した。

また、「試練が折り重なるほど百倍になり、より強く発揮されるのが朝鮮人民の自力更生の精神である」と述べた。

そのうえで、「朝鮮労働党の不屈の攻撃思想があり、自分の力に対する絶対的な信頼があり、自力で急上昇した高貴な経験があるがゆえに『80日間戦闘』の勝利は確定的である」と主張した。

関連記事(外部サイト)