金塊6億円を盗んだ北朝鮮女性らが死刑の可能性

金塊6億円を盗んだ北朝鮮女性らが死刑の可能性

金塊6億円密輸で死刑か/北

金塊6億円を盗んだ北朝鮮女性らが死刑の可能性

イメージ写真

中国との国境に接した両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)市では、国境警備隊の責任保衛指導員(秘密警察)と兵士の2人が武装したままで川を渡り、脱北する事件が起きた。密輸の発覚を恐れてのことだが、これにより恵山市には封鎖令(ロックダウン)が下された。

3週間もの間、一切の外出が禁じられることになったが、食糧を確保する時間が1時間しか与えられなかったことから、飢えに苦しむ人が続出するなど、市内は大混乱に陥った。

事の発端となった密輸事件だが、極めて重大なものだったことが明らかになりつつある。

米政府系ラジオ・フリー・アジア(RFA)は、匿名を要求した両江道の司法幹部の話として、先月16日、密輸グループの一団6人が道の保衛局(秘密警察)に逮捕されたと伝えた。その容疑は、金塊の大量密輸だ。

40代の女性4人と50代の男性2人からなるこのグループは、国境警備隊の中隊保衛指導員をワイロで抱き込み、数十キロ単位で金塊を密輸していたが、5回目の犯行現場を押さえられ、逮捕された。

逮捕時には、20キロの金塊がすでに中国側の密輸組織の手に渡った後だった。これまでに密輸した金塊の合計量は154.8キロ、恵山での市場価格で650万ドル(約6億7600万円)に達する。

北朝鮮で貴金属の密売は極めて重大な犯罪だ。北朝鮮の刑法では次のように定められているが、今回の事件では密輸された金塊の量から見て死刑になる可能性が高い。

【刑法第118条(貴金属、有色金属密輸、密売罪)】
貴金属または有色金属を密輸、密売した者は1年以下の労働鍛錬刑に処す。大量の貴金属または有色金属を密輸、密売した者は5年以下の労働教化刑に処す。罪状の重い場合は5年以上10年以下の労働教化刑に処す。特に重い場合は10年以上の労働教化刑に処す。

【刑法附則第6条(極めて重い形態の貴金属、有色金属密輸、密売罪)】
貴金属、有色金色密輸、密売行為の罪状が極めて重い場合には死刑および財産没収刑に処す。

関連記事(外部サイト)