朝鮮労働党大会で「決定書」採択…今後5年間の目標など

朝鮮労働党大会で「決定書」採択…今後5年間の目標など

デイリーNKジャパン

北朝鮮・平壌で5日から開催された朝鮮労働党第8回大会は最終日の12日、決定書「朝鮮労働党中央委員会第7期活動報告に提示された課題を貫徹することについて」を全会一致で採択した。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によれば、決定書には「現在の対内外の形勢の下で、朝鮮革命の貴重な成果と経験、教訓に基づいて社会主義建設を勝利の次の段階へ移行させるための経済、国防、文化、国家社会管理など、各分野の新しい闘争目標と革新的な遂行方途が反映されている」という。

また「金正恩総書記が党中央委員会第7期活動報告で提起した戦闘的課題を貫徹していこうとする全ての代表者と全党の党員の革命的志向と決心が反映された今後の5年期間の社会主義建設目標を展開した」としている。

関連記事(外部サイト)