北朝鮮の大使代理が亡命…金一族「金庫番」の娘婿

北朝鮮の大使代理が亡命…金一族「金庫番」の娘婿

2015年5月、李洙?外相(左端)とともにオマーン外相(右端)を迎え、笑顔を見せるリュ・ヒョヌ氏(朝鮮中央通信)

韓国の毎日経済新聞は25日、北朝鮮のリュ・ヒョヌ前駐クウェート大使代理が1年以上前に韓国へ亡命し、妻子とともに同国内に滞在していると伝えた。同紙は、大使代理は金正恩ファミリーの「金庫番」だった全日春(チョン・イルチュン)前朝鮮労働党39号室長の娘婿であるとし、張承吉(チャン・スンギル)元駐エジプト大使が1997年に米国へ亡命して以降、北朝鮮外交官としては最高位の亡命だとしている。

同紙は大使代理の使命について「リュ・ヒョヌ(韓国名)」としていることから、韓国入国後に改名したと思われる。

報道によると、リュ前大使代理は在クウェート北朝鮮大使館で参事官として勤務していた2017年9月、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議2371号に基づいてソ・チャンシク大使が追放されたのを受けて、大使代理を務めることになった。その後、2019年9月に妻子とともに、勤務地で脱北したという。同紙は、亡命の動機について「親として子供により良い未来を贈りたかった」とするリュ氏のコメントを伝えている。

リュ氏に先立って韓国へ亡命したチョ・ソンギル前駐イタリア大使代理は、駐在国政府により大使が追放されたのを受け、大使代理を務めるため3等書記官から1等書記官に昇進した。参事官だったリュ氏は、チョ氏よりも地位が上になる。

北朝鮮の在クウェート大使館は、ペルシャ湾岸のアラブ首長国連邦、カタール、バーレーン、オマーンを担当する唯一の大使館だ。リュ氏は平壌外国語大学アラビア語学科を卒業後に外務省に入省。シリアをはじめ中東地域でキャリアを積んだという。

リュ氏の妻の父である全日春氏は故金正日総書記の中学・高校の同期生とされ、対外経済部門の要職などを歴任し、2010年から2017年末頃まで39号室長を務めた。

関連記事(外部サイト)

×