北朝鮮、食糧120万トン以上が不足か…昨夏の災害影響

北朝鮮、食糧120万トン以上が不足か…昨夏の災害影響

農場と育苗場の建設場を現地指導した金正恩氏(2019年10月18日付朝鮮中央通信)

韓国の李仁栄(イ・イニョン)統一相は18日の国会外交統一委員会で、北朝鮮が今年、120万〜130万トンの食糧不足に陥るとの予想を示した。慢性的な生産力不足に加え、昨夏の水害や台風被害の影響で20万〜30万トンの減産になると見られるという。

北朝鮮への人道支援については、「人道主義に基づく協力の問題は、政治・経済・安全保障の状況とは別に一貫して推進することが望ましいとの認識が党派を超えて形成されていると考える」との立場を示した。

関連記事(外部サイト)