32年五輪、最優先候補地に豪ブリスベン…南北共催は白紙化

32年五輪、最優先候補地に豪ブリスベン…南北共催は白紙化

20日、白頭山の頂上がある将軍峰に登った金正恩夫妻と文在寅夫妻(平壌写真共同取材団)

国際オリンピック委員会(IOC)は24日の理事会で、2032年夏季五輪・パラリンピックの最優先候補地としてオーストラリア東部のブリスベンを選定した。

2032年の五輪招致では、韓国と北朝鮮が共同開催を掲げてきた経緯がある。韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)は2018年9月の南北首脳会談で、2032年五輪の南北共同開催を招致するため協力することで合意した。

しかしその後、共同宣言でうたわれた南北協力は形骸化し、北朝鮮は共同開催案に言及しなくなった。今回のIOCのブリスベン選定で、共同開催は白紙化したと言える。

関連記事(外部サイト)

×