日本人労働者の写真が「徴用工」に 韓国の集会で事実無根のチラシ

韓国ソウルの抗議集会のチラシ「朝鮮人徴用工」の写真は日本人 「誤用」相次ぐ

記事まとめ

  • ソウルの日本大使館前で「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」の14日に、抗議集会が開催
  • チラシで日本製品不買を呼びかける「NO」のロゴとともに、「朝鮮人徴用工」の写真掲載
  • この写真は筑豊炭田の日本人を撮影したもので、2017年にも米タイムズスクエアで誤用

日本人労働者の写真が「徴用工」に 韓国の集会で事実無根のチラシ

日本人労働者の写真が「徴用工」に 韓国の集会で事実無根のチラシ

ソウル市内の反日抗議集会で配布されたチラシ。写真の炭鉱労働者は日本人。韓国人ではない

 【ソウル=名村隆寛】韓国ソウルの日本大使館前で「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」の14日に開かれた、慰安婦問題で日本に抗議する集会で、事実とは全く異なる「徴用工」の写真を掲載したチラシが大量に配布された。

 問題のチラシは「民族の自主と平和のための第12期韓国労総統一先鋒隊」という左派組織が作成。日本製品不買を呼びかける「NO」のロゴとともに、日本に対して、いわゆる徴用工を「認定、謝罪、賠償をせよ!」と求めるハングルと炭鉱労働者の写真が掲載されている。

 「朝鮮人徴用工」として使用したようだが、この写真は筑豊炭田(福岡県)で日本人を撮影したもの。2017年にも米ニューヨークのタイムズスクエアの電光掲示板で流された「軍艦島は地獄島」との意見広告で誤用され、製作に関わった韓国の大学教授が間違いを認めた。韓国では日本批判のためのこうした誤用が後を絶たない。

関連記事(外部サイト)