内閣改造「極右性向の側近らを大挙重用」 韓国メディア

内閣改造「極右性向の側近らを大挙重用」 韓国メディア

官邸入りする河野太郎氏=11日午後、首相官邸(納冨康撮影)

 【ソウル=名村隆寛】日本の内閣改造について韓国メディアは11日、「安倍晋三首相が極右性向の側近らを大挙重用」(聯合ニュース)などと強い関心を込めて報じた。

 聯合は「歴史や領土問題に関連し、妄言と無理な発言で物議を醸した人々を再度抜擢(ばってき)し、自身と意を共にする側近中心の陣容で、『お友だち内閣』『回転ドア人事(回し人事)』との批判を受けるものとみられる」と伝えた。

 韓国メディアが特に注目しているのは、河野太郎氏の防衛相への起用だ。河野氏の人事について韓国メディアは、組閣以前から日本メディアの報道を引用するなどして報じていた。

 聯合は河野氏について「(外相として)韓日の葛藤で“欠礼外交”を繰り返した」とし、同氏の起用を「韓国に対する輸出規制(輸出管理の厳格化)などの経済措置が成功したという認識を、有権者に積極的に認知させるためと分析される」とみている。

 また、聯合は「新たな経済産業相の菅原とは誰?」との見出しとともに、菅原一秀氏について「改憲に賛成している。慰安婦動員の強制性を認めた“河野談話”を否定する極右」と断定。「経済産業相は交代したが、韓国に対する攻勢はこれまでと変わらないことが予想される」と報じた。

関連記事(外部サイト)