旭日旗禁止措置を要請 東京五輪に向け韓国がIOC会長に書簡

旭日旗禁止措置を要請 東京五輪に向け韓国がIOC会長に書簡

旭日旗 韓国がIOC会長に書簡

旭日旗禁止措置を要請 東京五輪に向け韓国がIOC会長に書簡

旭日旗=神戸市中央区の神戸港(頼光和弘撮影)

 【ソウル=名村隆寛】韓国の文化体育観光省は11日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に書簡を送り、東京五輪・パラリンピック組織委員会が旭日旗の競技場への持ち込みを禁止しない方針を示したことに「深い失望と憂慮」を表明し、「旭日旗使用の不当性を説明し使用禁止措置を要請した」と発表した。

 朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光相の名義で送られた書簡では、旭日旗が「日本帝国主義のアジア侵略戦争時に使われた日本軍の旗で、現在も日本国内で極右団体の外国人に対する差別や嫌悪の集会などに使用されている」と説明している。

 また、「ナチスのハーケンクロイツ(鉤十字)が第二次大戦の悪夢を思い出させるように、旭日旗は日本の侵略を受けた韓国や中国、東南アジアなどに歴史の傷を想起させる明白な政治的象徴だ」と指摘。国際サッカー連盟(FIFA)も旭日旗使用を禁止していると主張した。

関連記事(外部サイト)