北朝鮮「敵意継続は最大の過ちに」 非核化交渉で米牽制

 【モスクワ=小野田雄一】北朝鮮外務省のチョ・チョルス北米局長は8日、ロシア・モスクワで核軍縮などをテーマに開かれた国際会議「モスクワ不拡散会議」に出席し、米国との非核化交渉について「米国が敵意を減らさなければ最大の過ちになる。可能性の窓は日々閉じつつある」と述べた。イタル・タス通信が伝えた。北朝鮮は“危機”を演出して米国を牽制することで、米国側の譲歩を引き出す思惑とみられる。

 会議には米国務省のランバート北朝鮮担当特使も出席。韓国の聯合ニュースによると、チョ氏とランバート氏は7日夜のレセプションで5分間程度会話した。

 10月にスウェーデンで行われた米朝実務協議で、北朝鮮側は米国が「手ぶら」だったとして一方的に「決裂」を宣言。年内に何らかの打開策を提示するよう米国側に要求している。チョ氏は今回、北朝鮮北西部寧辺(ニョンビョン)の核施設への専門家による査察を受け入れるとする方針や、米国からの提案を年末まで待つとする従来の主張を改めて示した。

 一方、ラブロフ露外相は会議で、米国による中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄を改めて批判。7日にウラン濃縮を再開したイランについても、核合意からの米国の離脱が事態を招いたとする一方、「核合意は維持されるべきだ」としてイランに自制を求めた。

 タス通信などによると、9日までの会議には日本を含む40カ国から招待された政府関係者や専門家ら約300人が出席している。

関連記事(外部サイト)