日韓、課長級会合を開始 輸出管理めぐり 局長対話調整

 日本の経済産業省と韓国の産業通商資源省が28日、日本による対韓輸出管理厳格化をめぐり、課長級の会合を始めた。日本政府関係者が明らかにした。韓国の聯合ニュースによると、両者が韓国の首都圏で接触した。

 韓国側は今後、局長級対話につなげ、日本側に輸出管理措置の早期の撤回を促したい考えで、局長級対話の時期や場所、議題について調整したもようだという。ただ、輸出管理をめぐる日韓の認識差が既に顕在化しており、今後の協議の難航も予想される。

 韓国政府は22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄するとした通告の停止を発表し、日本と輸出管理に関する対話を始めることで合意したことや、輸出管理措置をめぐる世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを中断することを明らかにしていた。

関連記事(外部サイト)