日本を巻き込む韓国の文化財管理のズサンさ 費用をケチってクレーン車が文化財を直撃する事故や連続放火が

日本を巻き込む韓国の文化財管理のズサンさ 費用をケチってクレーン車が文化財を直撃する事故や連続放火が

はしご車が落下した

■ヨン様が通った名門校


 2021年3月8日、ソウル鐘路区の成均館で史跡第143号に指定されている「文廟東三門」が破損した。庭園の樹木を剪定するため、持ち込んだはしご車が落下するという全く想定外の事態が起こったことによるものだ。その3日前には、中西部の全羅北道で百済時代に創建された古刹の本堂が全焼。記録に残っているだけでもこれで4度目となる。日本から盗んだ文化財の返還を拒み、一方で日本にはことあるごとに文化財の返還を求める韓国。文化財管理のあり方に問題はないか。

 はしご車が落下する事故が起こった成均館は朝鮮王朝成立直後の1398年に設立された王立学校で、1945年、私立大学に改編された。

 1996年からはサムスンが学校運営に参加。黄教安(ファン・ギョアン)など朴槿恵政権下の3人の首相はいずれも同大学の卒業生で、ヨン様ことペ・ヨンジュンが通っていたことでも知られている。

 学内には、儒教聖賢の位牌を祀った文廟(宝物第141号)があり、天然記念物第59号に指定されている銀杏もある。

 さて、はしご車落下の一件だが、鐘路区が剪定することになったものの、樹木がある庭園はロの字型の壁で囲まれ、門は狭く、重機を入れることができない。

 そこで、はしご車をクレーンで吊り上げて屋根越しに移すことにしたのだが、ロープが切れて、はしご車が落下し文化財を直撃した。

 成均館側は「クレーンで車を吊り、(文化財の)屋根の上を越させる発想自体が誤りだ」「足場を設置すればできるのに費用を安くしようとした」と批判したが、後の祭りだ。


■南大門も放火で焼失


 3月5日には全羅北道井邑市の内蔵寺(ネジャンサ)で大雄殿が全焼した。

 原因は、同寺に不満を持ち、僧侶たちと口論して酒に酔った53歳の僧侶がガソリンを撒いて火をつけたことによる。

 内蔵寺は百済時代の636年に創建された古刹で、文禄・慶長の役(1592〜1598年)で全焼し、1639年に再建。日本統治時代の1938年に一新したが、朝鮮戦争でふたたび全焼し、1965年に再建。

 2012年には漏電による火災で全焼、25億ウォン(2億4000万円)を投じて15年に再建した。

 同じく放火で焼失ということなら、2008年2月10日、韓国国宝第1号の崇礼門(スンレムン、南大門)の一件を記憶されている方もいるだろう。

 午後8時40分頃、火災が発生。50台余りの消防車と消防署員約150人が投入されて初期の消火活動に成功したかに思われたが鎮火しておらず、ふたたび燃え上がって崩壊してしまった。

 容疑者は70歳の男性で、文化財への放火は2回目だった。

 都市再開発事業で住居を立ち退いた際の補償額に不満を持ち、まずは昌慶宮文政殿に放火。文化財保護法違反で懲役1年6月、執行猶予2年、追徴金1300万ウォン(120万円)の支払いを命じる判決が下されたが、その判決を不服とし、次に放火したのが国宝第1号だった。

 崇礼門には消火器しかなく、文化財庁は「スプリンクラーなどの消防施設を設置すれば文化財が壊れる可能性がある。1分以内に消防が出動できる場所なので設置しなかった」と言い訳した。

 消防側は「消化活動は文化財庁と協議して行うことが決められており、瓦の解体作業が遅れた上、水が凍結していた」と弁明した。

 国宝1号が焼失した原因は放火だが、文化財庁と消防の対応の遅れが追い討ちをかけたのだ。


■日本を巻き込むズサンな管理


 杜撰な管理は建物だけではない。

 韓国国立文化財研究所が2014〜15年に書籍や絵画など53件の文化財を調査したところ、34%に相当する18件は保存処理が不要だが、30件は保存処理が必要、5件は保存処理を検討する文化財に分類された。

 朝鮮時代前期に編纂された宝物第1712号の「東仁詩画」は摩耗が深刻で、宝物第262号の「近思録」はカビが酷かった。

「勧州宗家門跡」(宝物第1002号)は過去に行った保存処理の不備から、さらなる損傷が懸念された。

 また、24.5%に相当する13件は、文化財の名称や年代、書物の数量、大きさなどの情報が正確ではないことが判明した。

 これだけならまだ対岸の火事とでも言っていられるかもしれないが、日本も韓国流の杜撰な管理によるトラブルに巻き込まれていると聞くと穏やかではないだろう。

 古都・慶州の世界遺産に登録されている仏教遺跡「石窟庵」は本尊が1体しかなく、もう1体は日本人に盗まれたとして日本に返還を求めたが、考古学調査で、仏像は初めから1体だったことがわかった。

 石窟庵は8世紀の建立で、朝鮮王朝の仏教弾圧で放置されていた。1909年に発見され、1910年代、日本統治政府が修復したが、戦後、韓国政府は再び放置。

 1960年代に当時の文化財管理局が復元した際、日本の復元が韓国仏教の資料と異なるとして配置を変えたが、2007年、成均館が所蔵していた資料から日本統治政府が正しく、文化財管理局が誤っていたことが判明したのだった。

 他方、史蹟の管理を日本に依存するものある。

 1970年代半ばから、百済・武王が建設した王宮跡の発掘作業がはじまった。

 京都・青蓮院が所蔵する書物に記載されていた「百済の武王が都を遷した」という記述をもとに調査を行い、大規模な王宮跡を発見。武王の王宮に関する史料は青蓮院にしか残っていない。

 2010年、忠清南道扶余郡やロッテなどが共同で歴史テーマパーク「百済文化団地」を開設したが、韓国内には史料がなく、多くは日本、一部は中国の史料を参照した。

 可能な限り復元するため、同時代に建てられた日本の建築物を参考にしたという。


■日韓請求権協定で解決済み


 かねて韓国は倭寇と秀吉軍、そして日本の統治政府が韓国の遺物を略奪したと主張してきた。

 なかでも日本にある高麗仏画は、倭寇に略奪されたと訴えるのだが、実際には貿易品として輸出した可能性が高い。

 日本と韓国は、1965年に締結した日韓請求権協定で、1945年8月15日以前に取得した財産の権利を放棄する取り決めを交わしており、それ以前に移転した財物は、韓国はもちろん、日本も返還を要求できないことが原則になっている。

 2012年には、長崎県対馬市から仏像2体と教典が8人の韓国人窃盗団に盗まれる事件が発生し、話題になった。

 2体のうちのひとつ、国指定の重要文化財である海神神社の銅造如来立像は事件から3年が経過した2015年7月に返還された。
 
 李明博元大統領の竹島上陸と朴槿恵前大統領の告げ口外交で、日韓関係が悪化して日韓通貨スワップ協定が終了した年である。

 事態を憂慮した米国のオバマ・バイデンの正副大統領は日韓関係の修復を求め、韓国側も関係改善を模索。

 安倍晋三前首相が発表予定の戦後70年談話を前に、日本が要求する仏像を返還して対日外交を優位にしたいのではないかという憶測が飛び交った。

 日本の貴重な文化財が、韓国の拙劣な外交の人質に取られていたと言えるかもしれない。

 盗まれた2体のうちのもう1体である長崎県指定有形文化財の「観世音菩薩坐像」はまだ戻ってきていない。ややこしいのだが、韓国国内で裁判沙汰になっているからだ。

 本来なら条約に基づいて即時返還されるのが筋だが、韓国・曹渓宗の浮石寺は倭寇に略奪されたとして所有権を主張し、世論も「そもそも日本が盗んだ」という論調に流されてきた。

 像内の納入品から、1330年頃に寺に奉安するため制作されたと読み取れる内容が見つかったことで17年1月、韓国の地裁は浮石寺の所有権を認め、仏像を保管する韓国政府に寺への返還を命じた。

 しかし韓国政府は、記録が高麗時代末期に作成されたことを立証できないとして控訴。政府は所有権を取得し、日韓交渉の切り札にしたいのだろうが、盗難品を切り札にしてよいはずがない。

 朝鮮時代、多くの仏像や仏画が貿易取引で日本などに渡ったと見られている。動機はともかく、朝鮮王朝の仏教排斥による焼失を逃れて、後世に残る結果となった。

 現代の韓国は、文化財をきちんと管理できているといえるのだろうか。返還を求めるより管理を日本に委ねた方がよほど安心ではないか。

佐々木和義
広告プランナー兼コピーライター。駐在員として渡韓後、日本企業のアイデンティティや日本文化を正しく伝える広告制作会社を創業し、現在に至る。日系企業の韓国ビジネスをサポートする傍ら日本人の視点でソウル市に改善提案を行っている。韓国ソウル市在住。

デイリー新潮取材班編集

2021年4月16日 掲載

関連記事(外部サイト)

×