韓国で「不倫ドラマ」が過激化、人気の理由を考えたら浮かんだ“文政権を皮肉る造語”

韓国で「不倫ドラマ」が過激化、人気の理由を考えたら浮かんだ“文政権を皮肉る造語”

数々の不倫ドラマに出演し、“不倫ドラマの女王”といっても過言ではない女優キム・ヒエ

■唐田への感情は“憎悪”


 2015年まで不倫に「姦通罪」が適用されていた韓国。儒教社会であるがゆえ、「姦通罪」がなくなった今も、不倫に対する嫌悪感は根強いという。日本の芸能界で起きた不倫報道にさえも、ネット上で厳しい言葉が飛び交うほどだ。

 昨年1月に発覚した東出昌大と唐田えりかの不倫も、韓国では日本以上に話題になった。東出への批判は当然として、SNSに並ぶ罵詈雑言を見る限り、不倫相手の唐田への感情は、“憎悪”そのものだった。

 しかし、実は韓国では、“不倫”を描いたドラマが数多く制作され、いずれも高視聴率を叩き出している。特に、昨年放送された『夫婦の世界』は視聴者を熱狂させ、ケーブルテレビでの放送ながら、最終話の視聴率は28.4%を記録した。

『夫婦の世界』に夢中になっていた韓国の既婚女性は、「ドラマが放送される週末が楽しみで、この時間だけは夫からも邪魔されたくない」と、興奮気味に話す。一方で、ドラマの中で不倫夫が口にした「恋に落ちるのは罪じゃないだろう!」というセリフに大激怒した視聴者も少なくない。

 不倫する男に激怒しながらも、ドラマには釘付けになる――。なぜ貞操を重んじる韓国で、こんなにも「不倫ドラマ」が視聴者の関心を呼ぶのだろうか。


■“汚染ドラマ”と呼ばれ……


 韓国での不倫ドラマは今に始まったものではない。例えば、1996年に放送されたドラマ『恋人』(原題:『愛人』)は既婚の男女の恋物語だった。とはいえ、“W不倫”を扱ったこのドラマでは、キスシーンはあってもベッドシーンはなし。つつましい恋愛は視聴者をときめかせ、ドラマ終了後には“恋人シンドローム”を巻き起こした。

 また韓国では当時、結婚しても独身(Miss)のような若さと美貌を保つ女性を、“ミッシー族”と憧れを込めて呼んでいたが、ドラマに登場した“恋する人妻”はまさにミッシー族の象徴だった。しかし、その反面、「不倫を美化している」との苦情が殺到し、“汚染ドラマ”と批判された。

 日韓ワールドカップが開催された2002年には、不倫を描いた『危機の男』『止まらぬ愛』『告白』の3ドラマが同じ時間帯に放送された。このときも「また不倫か」と批判は大きかったものの、『止まらぬ愛』は視聴者を夢中にさせることに成功し、熱狂的なファンを生み出した。

 こうして批判を浴びながらも不倫ドラマは年々過激さを増し、2007年に放送された『私の男の女』では、“奪うか奪われるか”といった女同士の熱い戦いが描かれた。視聴率は6話で20%を超えると、右肩上がりで最終話は40%に迫る勢いだった。

 ちなみに、『私の男の女』で主演した女優キム・ヒエは、主婦が恋をする『妻の資格』や、夫もいる年上の女性と大学生の恋愛を描いた江國香織の小説『東京タワー』が原作の『密会』に出演、昨年の大ヒット作『夫婦の世界』では不倫される妻を熱演した。出演作がどれも話題になっており、まさしく“不倫ドラマの女王”といっても過言ではない。

 そして2008年には、不倫された妻の復讐劇を描いた「妻の誘惑」が視聴率40.6%を記録するほどの人気になった。ドラマを見ていた韓国人女性は、「“ヤラれたらヤリ返す”といった復讐シーンが、ストレス解消になりました」と言う。不道徳と批判されながらも、不倫ドラマにはこうした需要もあるようだ。


■自由度が高いケーブルテレビ


 韓国で不倫ドラマが流行る背景には、放送事業の変化も少なからず関係している。現在、地上波のテレビ局はKBS、MBC、SBSだけだが、この10年でケーブルテレビが次々と開局し、チャンネル数が増えた。

 韓国では有料のケーブルテレビやインターネットテレビに加入しなければ、地上波を受信できない地域が少なくない。そのためケーブルテレビの普及率が高く、現在は9割近くの世帯が加入している。

 当然のことながら、チャンネル数が増えたことで制作されるドラマの本数も増えた。地上波と違ってスポンサーに縛られることがないケーブルテレビのドラマは、自由度が高いと言われている。そのため様々なジャンルに挑戦しやすく、設定やストーリー展開も従来のドラマとは違ったものを生み出しやすい。多少の批判を浴びても、話題性のある「不倫ドラマ」を生み出し続けるのもそのためだ。

 昨年、韓国で『愛の不時着』以上に話題になったのが、先に触れた『夫婦の世界』である。原作は英ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』で、ベッドシーンも暴力シーンも盛り込まれ、全16話のうち14話が19禁(日本でいうR-18)指定だ。このドラマもケーブルテレビで放送されていた。視聴者からは激しい暴力シーンに対して非難が殺到した。


■特有の“中毒性”


 おかげで、地上波のドラマも過激化している。昨年放送された『ペントハウス』は『夫婦の世界』を上回るドロ沼の不倫が描かれた。

「このドラマ3人の女性が中心となって繰り広げられる愛憎劇です。人気が高く、今年に入ってシーズン2が放送され、夏にはシーズン3も放送予定です。人間関係も複雑で、1話でも見逃すと、相手が変わったりしているから気が抜けません(笑)」(前出・韓国人女性)

 もちろん、大ヒットの影で『夫婦の世界』も『ペントハウス』も、「興味がない」「見たくもない」という女性たちも少なからずいる。別の韓国女性も、「どちらも見ていません。最近の韓国ドラマは本当に不倫ばかりで見る気が失せます」と、ウンザリした様子だった。

 それでも、不倫ドラマが高視聴率になる理由を、ドラマ好きの韓国人女性が説明する。

「韓国の女性は出産すると『○○ちゃんのママ』と呼ばれ、家事や育児に追われるので、女性として自由恋愛への憧れがあったのではないでしょうか。しかも不倫というシチュエーションの中で進む緊張感あふれるストーリーには特有の“中毒性”がある。女性視聴者はよりスリルを求めるようになり、制作側も刺激的なシーンを演出するなどドラマの内容を過激化していったんです」

 また、韓国には「????(ネロナムプル)」という言葉がある。

「自分が行えばロマンス、他人が行えば不倫」という意味で、現在の文在寅(ムン・ジェイン)政権下で定着した造語だ。大統領は自分のことは棚に上げて他人を批判し、自分が同じことをしても知らん顔している現政権を皮肉っている。政権批判の例えとして使われているが、不倫ドラマに関してもヒロインに自己投影した視聴者が、「これは不倫ではなく、ロマンス」と思い込んでいるのではないか。社会では絶対NGの不倫も想像するのは自由であり、誰に批判されるいわれはないということだろう。

 韓国は日本以上に「不倫は決して許される行為ではない」と言われるが、不倫ドラマに対してはかなり寛容になった。誰かが「不倫は文化」なんて言い出す日も近いのでは。

児玉愛子/韓国コラムニスト

デイリー新潮取材班編集

2021年4月30日 掲載

関連記事(外部サイト)

×