「慰安所日記」研究者が明かす「強制連行」とはかけ離れた実態 「女性たちは結婚、貯金もできた」

「慰安所日記」研究者が明かす「強制連行」とはかけ離れた実態 「女性たちは結婚、貯金もできた」

崔吉城教授

 この「慰安所日記」は、研究者にはすでに知られたもので、韓国では慰安婦強制動員の「決定的資料」とされている。だが原典を正しく読み解くと、まったく違う慰安所の姿が浮かび上がってくる。ラムザイヤー教授はその研究成果を参照して論文を書いたのだ。

 ***

 過度の学歴社会となった韓国では、子弟を外国に留学させることが国民大半の夢である。中でもアメリカの名門ハーバード大学に入学させれば、羨望の眼差しを浴びることは間違いない。ところがここ数カ月、韓国のテレビ、新聞などマスメディアは、ハーバード大学のジョン・マーク・ラムザイヤー教授に対し怒りを顕にして、侮辱的な言葉を投げつけ、大騒ぎしている。周知のとおり、昨年12月に発表された「太平洋戦争における性契約(Contracting for sex in the Pacific War)」という論文が、「慰安婦は売春婦である」と結論づけたことに猛反発しているのである。

「慰安婦は性奴隷である」という前提のもと、「慰安婦歪曲」「野蛮な名誉毀損」などと批判し、「韓国人女性との契約書が示されていない」と非難する。また攻撃は人格にも及び、「親日派として有名」「日本の戦犯企業三菱から研究費をもらった」などと書き立てる。

 米国では、ハーバード大学の韓国人学生たちが非難声明を発表した。一方、韓国には日本に留学した日本研究者が多いはずだが、彼らは沈黙を守るか、逆に反日的発言をすることもある。

 そのラムザイヤー氏の論文に拙著が出てくるところが2箇所あることを教えられたので、遅ればせながら読んでみた。ラムザイヤー論文は、第1章が序文、第2章「戦前の日本と韓国の売春」、第3章「慰安所」で、第4章が結論の4章構成である。その第3章は、さまざまな史料から慰安婦の姿を描き出すものだが、「3・4 契約条件」「3・5 売春婦の貯蓄」という節があり、そこに私の著作が出てくる。

 まず「契約条件」の方は以下のように書かれている。

「契約期間が満了するか、(満了より先に)貸付金を返済すると、女性たちは家に帰ることができた。ビルマとシンガポールの慰安所の韓国人帳場人が数年間、日記をつけていた(Choe, 2017a,b)。彼の勤めた売春宿では、定期的に慰安婦は任期を終えて家に帰っていった」

 後述するが、その「日記」は私が読み解き、日本に紹介したものである。そして「売春婦の貯蓄」の節でも、ラムザイヤー教授はこう記す。

「しかしながら重要なのは、多くの売春宿所有者は、確かに売春婦たちに、多額の前借金を超えたお金を支払っていたことだ。日記の帳場人は慰安婦が口座に預金していたことを記している。彼は定期的に彼女たちに代わって預金していた。そして彼は、彼女たちに代わって定期的にその実家に送金し、受領を確認する電報を受け取ったと記している(KIH,2016a;Choe,2017a,b)」

 末尾の参考文献を見ると、確かに私が2017年に出版した『朝鮮出身の帳場人が見た慰安婦の真実 文化人類学者が読み解く「慰安所日記」』(ハート出版)が記載されている。


■22人の慰安婦を連れて


 私はこの著作に格別の思い入れがある。

 その日記はビルマ(ミャンマー)とシンガポールの慰安所で働いた「朴氏」が書いたものである。日記は2000年ごろ、慶州の古本屋から発掘された。1922年から1957年まである長大なもので、1943年1月1日から翌1944年12月31日までに、慰安所の日常が細かく描かれている。ちょうどイギリスの植民地であったビルマとシンガポールを日本が攻略し、さらに侵攻しようという時期である。

 朴氏は慰安所の「帳場人」だった。金勘定をして帳簿に書きつけるのが仕事である。慰安所の「管理人」と言ってもいいかもしれない。

 1905年に慶尚南道金海郡に生まれた朴氏は、代書人事務所に勤務していたが、1942年に慰安婦22人を引き連れビルマに渡った。

「昨年の今日、南方行きの第一歩を釜山埠頭で踏み、乗船し出発した日である。(中略)本当に多難の中の一年であった」(昭和18年7月10日)

 朴氏はインドとの国境付近にあるビルマ西岸アキャブで「勘八倶楽部」という慰安所に勤務していたが、戦況の悪化から1943年1月に後退、5月31日からはラングーンの慰安所「一富士楼」に勤めている。10月から翌年1月31日まではシンガポールのタクシー会社に勤務するが、その間も帳場の仕事に協力しており、2月1日から12月16日まではシンガポールの慰安所「菊水倶楽部」で働いていた。

 日記の原文はハングルと漢字、そして日本語のカタカナとひらがなが混じっている。

 実はこの日記は、2013年に韓国で『日本軍慰安所管理人の日記』として刊行されたことがある。ソウル大学の安秉直(アンビョンジク)名誉教授がハングルに翻刻したもので、当時は日本軍による朝鮮人慰安婦強制動員の「決定的資料」として大きく取り上げられた。日本では毎日新聞だけが報じている。

 私はこの本をすぐさま購入し、一読して読書会のテキストとした。そして日記の原文と照らし合わせ、その記述内容を細かく検討してきたのだった。その結果、そこは決して「日本軍慰安所」と呼ぶような場所ではなく、日記は韓国で受け止められているような強制動員の「決定的資料」とはほど遠いものだと考えるに至った。そしてまずは2014年、「新潮45」に検討結果の一部を発表し、その3年後に書籍化した。

 ラムザイヤー論文は、拙著の中から、慰安婦は年季(契約期間)が明けたり、前渡金を返済したりすれば故郷の家に帰ることができたこと、そして慰安婦たちは貯蓄をして実家に送金していたことを抽出して提示している。ラムザイヤー教授は引用という形で提示していないが、以下の部分を参照したと思われる。まず「契約条件」の節から述べよう。シンガポールの「菊水倶楽部」について日記にはこれらの記述がある。

「(昭和19年)7月9日、金本恩愛とその妹の順愛が今般帰郷のために廃業するといい、主人の西原様は承諾したので、廃業届を保安課営業係に出した。7月12日、(新入りの慰安婦)宋明玉に対する在留証明の手続きが完了し、証明書の下付を受けた。保安課営業係から金本恩愛に対する旅行証明手続きに要する証明書を受けた」

「9月6日、保安課営業係に金永愛の廃業同意書を提出し、証明を受けた。11月5日、特別市保安課営業係の坂口警部のところを訪ね、本倶楽部の仲居の絹代に対する解雇同意書と、稼業婦の秀美の廃業同意書を交付してもらってきた。金本恩愛およびその妹の順愛の両人を連れて特別市保安課分室の旅行係に行き帰還旅行証明手続きを提出した。11月6日、西原様付託の送金をして、秀美の帰国旅行証明申請書を提出した」

「11月15日、稼業婦の金永愛は今日、内地に帰還する船に乗った。11月16日、特別市保安課営業係に行って、帰国した金永愛の酌婦認可書を返納した」

 慰安婦たちはさまざまな手続きを経て、廃業・休業ができたようである。他にも「慰安婦の順子とお染の2名が廃業した」(3月3日)、「慰安婦稼業婦の許琴祥(玉江)は目下妊娠7カ月であるので、休業届を提出した」(7月4日)という記述もある。ちなみに朴氏は、慰安婦も稼業婦も酌婦も同じ意味で使っている。

 慰安婦が結婚したケースもあり、「スマトラのパレンバンからシンガポールに来た宮本敬太郎と、第一白牡丹の前慰安婦で現仲居が、このたび結婚することになり、今夜両国食堂で知り合いを招いて祝賀酒を飲むので行こうと言われて、帰りには白牡丹に寄って祝賀した」(10月25日)とある。

 もっとも慰安婦を辞めるのは簡単ではなかったようで、「村山氏の慰安所で慰安婦をしていたが結婚生活をするために出た春代と弘子は、このたび兵站の命令で再び慰安婦として金泉館に戻ることになった」(7月29日)という記述もある。ここには軍の関与が強く感じられる。


■野戦郵便局に貯金


 次に「売春婦の貯蓄」を見てみる。拙著では、元慰安婦の文玉珠氏の証言を紹介した上で、朴氏の日記に出てくる数多くの金銭のやり取りをまとめて表にした。

 文玉珠氏は1942年に朴氏と同じ船に乗ってビルマに渡った。同じ慰安所にいたことはないが、その証言は朴氏の記述を裏付けるものが多い。彼女はかつて森川万智子氏の取材にこう語っている。

「軍人に、私も貯金できるか尋ねると、もちろんできるという。兵隊たちも全員、給料を野戦郵便局で貯金していることを私は知っていた。貯金することにした。兵隊に頼んで判子も作ってもらい、お金を500円預けた。わたしの名前の貯金通帳ができあがってくると、ちゃんと500円と書いてあった。生まれて初めての貯金だった」

 彼女は続けて「千円あれば大邱に小さな家が一軒買える」と語っている。だから500円は大金である。

 本には紹介しなかったが、日記には以下の件がある。

「横浜正金銀行に行って、村山氏の慰安所の慰安婦2人の貯金をした」(昭和18年6月2日)

「慰安婦に頼まれた送金600円を本人の貯金から引き出して、中央郵便局から送った」(昭和19年10月27日)

 つまり彼女たちはかなり高額な金銭を得て、貯金もしたし、朝鮮半島の実家に仕送りもしていたのだ。

 ラムザイヤー教授は、日本の遊郭などの文化や歴史などを整理した上で慰安婦問題を検討している。そして「売春(Prostitution)」と「年季契約奉公(Indentured servitude)」の関係に注目する。

 教授によれば、1920年代半ばの前借金は千円から2千円で無利子だった。一般的な契約期間は6年で、売り上げの3分の2から4分の3は売春宿が取り、売春婦に支払われる額の60%が前借金返済に、残りが本人に渡された。

 公認の売春婦はこうした年季奉公契約のもと、前借金を全額返すか、契約期間満了まで働くが、実際の売春婦の平均労働期間は3年程度だったとしている。

 そして危険な戦地の場合は契約期間が短縮されて通常2年となり、もっと短い場合もあったという。また大きなリスクの代償として、朝鮮や日本本土の売春婦より高い報酬を得ていた。教授は論文の末尾でこう記す。

「慰安婦と売春宿は多額の前借金と1、2年の契約期間を定めた年季奉公契約を結んだ。そして戦争が終わる最後の数カ月までは、慰安婦は契約期間を終えるか、前借金を早く返して家に帰っていったのである」

 ただし、その契約書自体は提示できていない。ここが学術論文として批判されるポイントとなっている。だが、教授の調査結果は朴氏の日記と矛盾しないし、日記から見ても売春婦たちが日本軍に「強制連行」され、売春を強いられた「性奴隷」だったとは考えにくい。

 もちろん慰安婦募集にあたって、売春宿のオーナーや斡旋業者が嘘をつくことはあっただろう。また親が子供を売るということもあったかもしれない。ラムザイヤー教授もそれは否定していない。だが、多額の前借金があることは慰安婦たちも知っていたし、この当時、売春は今と違って合法であった。現代の価値観から過去を語るべきではない。


■慰安所は譲渡できた


 慰安婦問題では、もうひとつ大きな争点になるのが、慰安所が軍に属していたかどうかだ。むろんラムザイヤー教授はそれを否定する。ただし衛生管理はしていたとする。

「日本軍が東アジアに進軍し退却した1930年代から40年代、軍は基地近くに民間業者が半公式の売春宿を作ることを奨励した。1918年のシベリア出兵では性病が蔓延したので、そのリスクをコントロールする必要があった。このため売春宿の所有者と協力し、売春婦たちに定期的な医学検査を実施した」

 と、序文にある。

 朴氏の日記にも性病検査の記述は度々出てくる。お客(軍人)の自動車に慰安婦全員を乗せて金泉館に行き、検査を受けたという記述や、慰安所自らが積極的に兵站司令部に行き、慰安婦の検黴(けんばい)(梅毒検査)をインセン(ラングーン郊外)で行うよう請願した話も出てくる。軍は定期的に慰安婦を検査し、性病にかかっていたら入院させてもいた。

 一方、慰安所は譲渡することができた。

「朝、一富士楼の村山氏宅で起き、朝食を食べた。終日帳場の仕事をした。村山氏の話では、先日に約束した一富士楼慰安所を9月1日に引き渡すのではなく、9月まで自分が経営し、10月初旬に引き渡すというから、それは駄目だと言ったら、他の人に譲るというので、そうしなさいと承諾した」(昭和18年8月24日)

 朴氏は一富士楼を手に入れようとしていたが、結局、「本籍慶南統営郡の人山口秀吉」(8月28日)に譲渡されることになる。軍が経営したり、軍に属していたのであれば、こうはできないであろう。

 ***

 ラムザイヤー論文は日記や私の調査と一致するところが多い。そして互いに照らし合わせてみても、「慰安婦が売春婦である」ことは、客観的な結論だと思う。

 ラムザイヤー教授への攻撃は、韓国の反日闘争の国際化である。私は韓国の民主化を肌で感じてきた者として、その民主主義と人権意識の高さに誇りを持っている。だがこの度は、学問の自由はまだ確立されていないと思わざるを得ない。民族を愛するのはいいが、学問は民族を超えるということを理解してほしい。

 戦争で犠牲になった女性は、韓国人だけではない。日本人女性も満洲や朝鮮半島でソ連兵などに性暴行を受けたし、朝鮮戦争当時、国連軍が韓国の私の故郷で行った性暴力を、私は実際に見知っている。こうした問題は、民族主義でではなく、人類愛を基礎とした平衡感覚をもって事実追究に当たり、解決していかなければならないのではないか。

崔吉城(チェ・キルソン)
広島大学名誉教授 東亜大学教授。1940年韓国京畿道生まれ。ソウル大学師範学部卒。文学博士(筑波大学)。専攻は文化人類学。韓国啓明大学、広島大学教授教授を歴任。著書に『韓国の米軍慰安婦はなぜ生まれたのか』『「親日』と「反日」の文化人類学』など。

「週刊新潮」2021年6月10日号 掲載

関連記事(外部サイト)