金与正の執念で粛清された北朝鮮軍のツートップ 新設ポストで読む正恩の“健康状態”

金与正の執念で粛清された北朝鮮軍のツートップ 新設ポストで読む正恩の“健康状態”

金与正

■与正復活!?


 朝日や読売といった全国紙は結局、最後の最後まで扱いは小さかった。北朝鮮軍のNo.1とNo.2の「元帥解任」を筆頭に、大幹部が多数“解任”されるという「粛清クーデター」が起きたというのに、だ。

 ***

 まずは半島情勢を取材する記者が説明する。

「粛清された軍ナンバー1は、李炳鉄(リ・ビョンチョル)です。1948年生まれと言われており、今年の誕生日が来れば73歳になります。朝鮮人民軍空軍司令官を務め、核ミサイル開発の功労者です。2016年に行われた中距離弾道ミサイル『ムスダン』の発射実験に立ち会いました」

 打ち上げが成功すると、金正恩(キム・ジョンウン)と抱きあって喜ぶ姿が公開された。北朝鮮の核開発を主導した責任者とされていた。正恩の側近中の側近と言われ、つい先日までは軍人としての枠を超え、朝鮮労働党、つまり北朝鮮という国家における最高首脳の1人だった。

 ナンバー2は、朴正天(パク・チョンチョン)。生年月日も出身地も不明だという。

「昨年10月、朝鮮労働党は李炳鉄と朴正天に『軍元帥』の称号を与えたと発表しました。読売新聞は『元帥は最高指導者以外では過去に5人しかいない軍の最高階級』(末尾:註1)と報じました。ちなみに当時の肩書は、李が党副委員長、朴が軍総参謀長となっていました」(同・記者)


■写真の衝撃


 北朝鮮という国家の中で昇りつめた「元帥」2人が、あっさりと“解任”されてしまった。そのやり方も、いかにも北朝鮮っぽい。

「北朝鮮の朝鮮労働党政治局は6月29日、党主要幹部を集めた政治局拡大会議を招集しました。同国の国営メディアによると、この場で金正恩は、新型コロナウィルスの感染対策で『国家と住民の安全に危機をもたらす重大事件が発生した』と指摘。幹部を激しく叱責し『召喚(解任)』したというのです。『北朝鮮でもやはりコロナ感染が拡大したのか』というのが、特に日本のメディアにおける最初の受け止めだったと思います」(同・記者)

 この会議を伝えた朝鮮中央テレビの映像に、文字通り世界が注目した。人事の採決が行われたと思われる場面で、他の幹部が挙手して賛意を示す中、李と朴の2人だけが手を挙げていなかったのだ。会議途中で姿を消した幹部の席も写だされた。このことから、解任・粛清劇を国民に見せる意図的な放映だったことが分かる。

「映像に音声はなく、ナレーションなどの解説もついていませんでした。しかし、同国の労働新聞も30日、周囲の幹部が挙手する中、視線を落として腕を低くしている李の写真を掲載しました。同紙は書記や政治局常務委員、政治局員、政府幹部の多数『解任』も報じていますから“大粛清”は明らかだと言わざるを得ません。金ファミリーと軍部は持ちつ持たれつの関係です。にもかかわらず、正恩が軍のナンバー1とナンバー2を解任したことが分かったわけです。ところが日本の全国紙は紙面で真相に迫ることができませんでした」(同・記者)


■与正の作戦


 朝日、読売、毎日、産経といった全国紙は、短い記事で「新型コロナ対策で正恩が幹部を叱責した」と報じるにとどまった。

「これほどの大ニュースにもかかわらず、北朝鮮で大粛清が行われたことを全く知らなかったという読者の方も少なくないと思います。その原因は、新聞各紙や民放キー局が、『叱責した』という報道にとどめたからです。『コロナ感染拡大が原因』と騙された格好ですが、韓国メディアはが李と朴の実名を挙げ、粛清の可能性を報じたのとは対照的です。日本の主要紙は、いわば腰が引けた状態だったわけですが、それは北朝鮮の国営メディアが解任幹部の名前を報じなかったことが原因と考えられます。ちょっと慎重すぎたのではないでしょうか」(同・記者)

 北朝鮮情勢に詳しい東京通信大学の重村智計教授も、日本メディアの報道姿勢に疑問を呈する。

「北朝鮮の報道機関は、書記をはじめ政治局常務委員、政治局員、政治局員候補らが『召喚(=解任)』されたと伝え、政府幹部の降格も明らかにした大粛清事件なのに、日本の新聞はどうして背景を報じないのでしょうか。北朝鮮の国営メディアが新型コロナの防疫がうんぬんと言っているのは、あくまでも口実でしょう、北朝鮮の公式報道をそのまま信じてはならず、常に裏があり真実が隠されているとの常識を欠いているから、事件の真実に迫ることができないのです」


■キーパーソンは与正


 もし本当に李炳鉄のコロナ対策に不備があったのなら、正恩が口頭で注意するなど、他にやり方はいくらでもあるはずだ。

「中央委総会が終わって間もない中、わざわざ幹部を集めて政治局拡大会議を行い、李と朴が挙手しない映像や写真を公開するなど、あまりに露骨です。こうしたことから考えるに、これは北朝鮮で常態化している権力闘争の一環であり、李と朴一派は見せしめ的に元帥を解任されたと考えるのが自然なのです」(同・重村教授)

 一体、李と朴は何をやらかしてしまったのか、重村教授は正恩の妹である金与正(キム・ヨジョン)(32)がキーパーソンだとする。

「彼女と、その一派が李と朴を“粛清”するよう作戦を巡らし、それが成功した可能性が考えられます。軍が正恩の指示に反した大規模不正密輸事件と汚職事件を犯したとの情報もあります。コロナ対策も怠っていた事実などを脱北者のルートでデイリーNKニュースも報じました。いずれも軍幹部の大規模な人事異動を考えると、軍が反乱を起こす危惧もあったはずです」(同・重村教授)

 相当に緊迫した状況だったようなのだ。


■正恩の健康問題


「金与正は2020年6月、脱北者団体による批判ビラ散布に強い不快感を示し、韓国に対する部隊の展開を軍に求めると発表しました。更に4日後、開城(ケソン)にあった南北共同連絡事務所を爆破し、大きな注目を集めたのです。ところが軍総参謀部と中央軍事委は、与正の要請を拒否し、軍事行動を保留としました。与正の面子は丸潰れとなったわけですが、この保留を画策したのが、李と朴の2人でした」(同・重村教授)

 ここで思い出す必要があるのが、正恩の健康問題だ。デイリー新潮は20年6月に「金正恩の“健康不安説”が再燃 きっかけは労働新聞が使った“ある文言”」の記事を配信している。

 20年4月に入ってから、北朝鮮の国営メディアに正恩が登場する機会が激減し、これも大きな注目を集めた。韓国とアメリカの一部メディアが心血管系の手術を受けたと報じたのもこの時期だ。

 健康問題が高い関心を集める中、5月に入って朝鮮中央通信は正恩が「肥料工場の完成式に出席した」と報じ、写真も公開した。だが、一部で影武者の疑惑が指摘されていた。


■与正vs.李


 この時、兄の代理を務めるような与正の動向が大きく報じられた。軍事行動を示唆したり、南北共同連絡事務所を爆破したりするなど、あえて耳目を集めるような行動を取っていたのだ。

「政治局拡大会議を伝えた朝鮮中央テレビの映像には音声がありません。音声のない動画は声紋分析ができないので、正恩の影武者が出席した根拠になり得ます。しかし、私の見たところ、今回は本人だったと思います。正恩は一時期より健康状態が回復したのでしょう。そして、彼の健康状態が悪く、場合によっては意識を失っていた際に、李と朴が重大な越権行為をしていた可能性があります。これを与正勢力が巻き返し、今回の粛清劇に踏み切った。粛清の前に、師団長と軍団長を40代と50代に大幅に入れ替え世代交代を実現し、軍を掌握する周到な準備を行っていたことも分かっています。現時点では、こんな見立てが可能でしょう」(同・重村教授)

 正恩が生死をさまよっていることをいいことに、李と朴の2人は“我が世の春”を謳歌していた。どうもその際、やり過ぎてしまったようなのだ。

 読売新聞は今年1月12日、「与正氏 党指導部外れる 政治局員候補 経済失政引責か」との記事を掲載した。

 労働党の党大会で発表された人事を伝えた記事で、見出しにある通り、与正の“出世”が止まったと伝えた。


■集合写真の衝撃


 記事では《失脚していないことは確かなようだ》と解説し、復帰の可能性もあるとした。一方、今回解任された李は、正恩を含む《党最高指導部》の5人に明記されていた。

 今から思えば、李・朴と与正の間で、熾烈な“権力闘争”が行われていたことが推察される人事だったことが分かる。

「与正は今回の拡大会議で演説を行いました。彼女は降格された中央委員でしかないですから、本来なら身分不相応な行為と言えます。極端な比喩を使えば、課長が役員会で演説するようなものです。その分、与正復活を世界に印象づけるには、まさに格好の舞台だったということでしょう。元の政治局員候補に返り咲いたかもしれません。日米への外交を担当するとの観測や、秘密警察の国家保衛省も握ったとの情報もあります」(同・重村教授)

 7月8日は金日成(キム・イルソン[1912〜1994])の命日であり、孫にあたる金正恩は遺体が安置されている錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝した。この時に集合写真が撮影されたが、その“序列”も大きな注目を集めた。

「まず与正は『政治局員候補』以上の場所に立っており、改めて“復権”を印象付けました。これに対して李は『政治局員候補』以下の立ち位置でしたので、4段降格の人事が行われたと分かりました。なぜか朴は高位の場所でしたが、「元帥」の位置ではありませんでした。更に軍服を着ていなかったので、やはり解任・粛清が行われたことは間違いないようです」(同・重村教授)


■「党第一書記」新設の意味


 粛清した李と朴を、わざわざ集合写真に映した。このことからも、様々なことが浮かび上がるという。

「政治局拡大会議の後、李と朴が解任されたという噂は平壌中に広まりました。幹部層や軍部が相当に動揺した可能性があり、2人が写真に映ったのは沈静化を図ったのかもしれません。また、2人を完全に“放逐”することは、まだまだ難しいのかもしれません。後者の場合だと、軍部の力はまだまだ強大で、与正一派との確執が続くということも考えられます」(同・重村教授)

 一方、正恩の健康状態は依然として不安定なようだ。北朝鮮メディアは異例の別人のような「おやつれ報道」を展開し、日本の主要メディアも熱心に伝えたことは記憶に新しい。

「今回の拡大会議前に、我々専門家の大きな注目を集める労働党規約改正が明らかになりました。それは『党第一書記』というポストが新設されたことです。簡単に説明しますと、正恩が倒れたり、もしくは死亡したりした際、後継者が決まるまでの間、代理を務める役職なのです。背景には昨年の与正対朴・李の対立事件への反省があります」(同・重村教授)

 反省とは、正恩の健康状態が不透明だった期間、与正が兄の代理を務めようとして失敗したことだ。


■金ファミリー後継を否定!?


「今回、代理の権限を公式に設定したということでしょう。与正派の番頭とされる秘書室長の金昌善(キム・チャンソン)の復活を密かに映像で流した事実が、それを物語ります。彼は米朝首脳会談の立役者の一人でした」(同・重村教授)

 正恩に対する「おやつれ報道」が行われた中、代理の権限が回復した。今後も彼の健康状態に関心が集まるのは必定だろう。

 実は、今年1月に行われた朝鮮労働党の党大会でも、同じように関係者が驚いた“改革”が発表されている。新しい党規約から、金日成(キム・イルソン[1912〜1994])、金正日(キム・ジョンイル[1942〜2011])の名前が削除されたのだ。

「これまでの規約には金日成、金正日の個人名が賛美する文脈で使われていたのですが、今回の党規約改正では、『朝鮮労働党』と『金日成主義』『金正日主義』に完全に置き換わりました。これが何を意味するのかといえば、金ファミリーの正統な血統だけが北朝鮮という国家を個人支配するという規定を消し、労働党による組織支配に変更したことになるのです」」(同・重村教授)

 金一族は独裁政治を反省し、民主的な国家に大きく方向転換したのか──と思ってしまうが、もちろんそんなことはないという。


■クーデタの可能性


「要するに金日成と金正日の“隠し子”でも後継者になれるよう、党規約を書き換えたのだと、平壌の事情通は解説しています。2人の“非嫡出子”は30人を超えるとも言われており、労働党の主要なポストなどで厚遇を受けています。後継者の資格を直系血族に限ると、『指導者の正当性問題が解消しない』というのです。正恩の誕生日は今なお公式に明かされていません。この事実が疑念を生んでいるようです」(同・重村教授)

 だが、これは大きなリスクを孕んでいるという。

「言うまでもなく、直系でない隠し子を擁立することも可能です。純潔血統が指導者の条件でなくなったのですから、クーデターさえ可能になります。新指導者は『金日成主義』と『金正日主義』を体得した人物と言えばいいのです。金ファミリーの一部や、軍と党の幹部が『この人は隠し子でも優秀です』と担ぎ出し、党と国家を支配しようとしても不思議ではないのです」(同・重村教授)

 重村教授によると、日本における「女系天皇・女性天皇」の問題と似たところがあるという。

「いずれにしても、北朝鮮で権力闘争は日常茶飯事です。正恩の健康問題が長引けば、これからも、今回のような粛清や勢力争いが続いていくのでしょう」(同・重村教授)

註1:「北が幹部2人に『軍元帥』を授与 核・ミサイル開発主導」(読売新聞:20年10月7日)

デイリー新潮取材班

2021年7月13日 掲載

関連記事(外部サイト)