慰安婦合意をまとめた岸田新首相に期待する韓国 歴代大統領の裏切りと約束破りの歴史を振り返る

岸田文雄新首相は韓国に裏切られた思いか 韓国歴代大統領の裏切りの歴史を回顧

記事まとめ

  • 岸田文雄新首相は日韓慰安婦合意をまとめあげた人物で、韓国側の一部は期待している
  • しかし合意は朴槿恵氏の弾劾で宙に浮いてしまい、岸田氏は裏切られた思いがあるとも
  • 韓国の歴代大統領はおしなべて約束を守らなかったり破ったりを続けてきているという

慰安婦合意をまとめた岸田新首相に期待する韓国 歴代大統領の裏切りと約束破りの歴史を振り返る

慰安婦合意をまとめた岸田新首相に期待する韓国 歴代大統領の裏切りと約束破りの歴史を振り返る

慰安婦日韓合意を成立させた

■外相としてのレガシーに


 岸田文雄新首相は2015年、外相として日韓慰安婦合意をまとめあげた人物である。差し当たって冷え切ったままの日韓関係を憂い、関係改善を模索する韓国側の一部は、その縁で新首相に期待するところも少なくないと言うが……。韓国在住・羽田氏のレポート。

 2015年12月、岸田氏は外相として、慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった日韓合意をまとめた実績と持つ。

「岸田さんは2012年から外相を務める中で、慰安婦問題の最終解決に意欲を燃やしていました。それを“レガシー”としたうえで、違う畑でキャリアを重ねたかったのではないでしょうか。当時の安倍晋三首相がこの合意をリードしたとされているようですが、実際は岸田さんが汗をかき積み上げたものだと理解しています」

 と話すのは、韓国政府関係者。

「総裁選で韓国政府やメディアからは『河野総裁』を期待する声があがっていましたが、日韓合意をまとめた張本人として、岸田氏へのシンパシーもないわけではありません」(同)


■李承晩ライン


 一方、韓国メディアの記者にも聞いてみると、

「うーん、岸田氏としては韓国に裏切られた思いがあるんじゃないでしょうか。せっかくまとめあげた合意が朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾・罷免で宙に浮いてしまった。そして後任の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任早々、反日行動を展開し、そのひとつとして日韓合意の破棄を一方的に宣言してとどめを刺した。韓国はよく約束を守らないとかゴールポストを動かすとか言われて批判されてきましたよね。岸田氏はその当事者となってしまったわけで、距離を置きたくなる気持ちもわからないではないですね」

 この記者の言うように、韓国の歴代大統領はおしなべて約束を守らなかったり破ったり……を続けてきた。そうでなくとも、その後の政権に「約束は履行するように」と申し送りを怠ったり、前任者の仕事を全否定したりするかのような行動が散見される。その流れを以下にざっと見ておこう。

 第1~3代大統領を務めた李承晩(イ・スンマン)は、《「海洋主権宣言」を行って,いわゆる「李承晩ライン」を国際法に反して一方的に設定し、同ラインの内側の広大な水域への漁業管轄権を一方的に主張するとともに、そのライン内に竹島を取り込みました》(日本外務省のホームページ)とあるように、不法な実効支配を展開した人物だ。日本にとってこの悲劇は今もなお続いている。


■度重なる天皇陛下への謝罪要求


 続く第5~9代の朴正煕(パク・チョンヒ)は、1965年に「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」(日韓基本条約)に署名した大統領だ。両国間の問題は本来ならこの条約をもって全て解決したはずなのだが、その後の政権にこれを履行させることはできなかった。

 第11~12代大統領を務めた全斗煥(チョン・ドゥファン)は韓国の歴代大統領として初めて「現在の韓国を含む朝鮮半島が日本の領土となったことは、当時の大韓帝国にも責任があった」と認めた。しかし、その一方で彼は、1984年の訪日時に昭和天皇に謝罪を要求した大統領でもある。全斗煥以降、大統領が交代するごとに日本に対し謝罪要求を行うことがほとんど常態化した。

 第13代大統領の盧泰愚(ノ・テウ)の場合はさらに踏み込んで、「全斗煥訪日時よりもさらに具体的で真摯な内容になるように」と訴え、天皇陛下(現在の上皇さま)は「貴国の人々が味わわれた苦しみを思い、痛惜の念を禁じえない」との「おことば」を述べられている。

 他方、それまでと違って第14代の金泳三(キム・ヨンサム)は、「慰安婦問題で日本に補償を要求しない」と述べ、韓国政府が被害者に500万ウォンの一時金と生活補助金、医療支援、永久賃貸住宅などの支援を実施した。第15代の金大中(キム・デジュン)大統領も先代に続き、「今後、韓国政府はこれ以上、過去の歴史問題を提起することは無い」と言及。この金大中政権時の日韓関係が戦後最も良好であったと言えるだろう。


■「日本を仮想敵国に規定しないか」


 しかし、第16代の廬武鉉(ノ・ムヒョン)はアメリカ側に「日本を仮想敵国に規定しないか」ともちかけていたことが報じられたことがある。さらに、靖国神社参拝を問題視し、日本に植民地支配への明確な謝罪と反省、賠償を要求するなど、強硬な反日姿勢を繰り広げた。

 第17代の李明博(イ・ミョンバク)は韓国の大統領で初めて竹島に上陸を果たした。2011年、彼は「歴代の韓国大統領たちは任期後半に支持率を上げようとして反日を利用したが、私はそうしない」と述べていたにもかかわらず、その僅か1年後に、あろうことか自身の支持率回復のために反日勢力におもねって竹島上陸を敢行したのだ。ついでながら、同年に長崎県対馬市の神社や寺院から韓国の窃盗団が盗んだ仏像も未だに返還されていない。

 その後の大統領については先に触れた通り。さて、当然こうした経緯を熟知しているはずの岸田新首相はどう動くか。あるいは動かないか。

「ただでさえ韓国には裏切られたという思いがあるうえに、コロナ対策あり、韓国も大統領選ありと課題や不確定要素が多い。岸田首相としては“韓国に積極的に与(くみ)する時期ではない”というスタンスではないでしょうかね。韓国に強硬な姿勢を崩さない安倍氏の言うことをある程度、尊重しているようですから岸田首相の方からアプローチすることはないでしょう」(日本の政治部デスク)

羽田真代(はだ・まよ)
同志社大学卒業後、日本企業にて4年間勤務。2014年に単身韓国・ソウルに渡り、日本と韓国の情勢について研究。韓国企業で勤務する傍ら、執筆活動を行っている。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月7日 掲載

関連記事(外部サイト)