韓国で小室眞子さんの一時金受け取り辞退が評価され、「文在寅一家」が批判されるワケ

韓国で小室眞子さんの一時金辞退が評価され文在寅氏一家に批判 「寄生虫のような娘」

記事まとめ

  • 秋篠宮家の長女・小室眞子さんと小室圭さんの動向を韓国メディアも取り上げてきた
  • 小室夫妻に絡め、文在寅大統領一家が不当な利益を貪っているのでは、という批判が再燃
  • 「眞子さんと寄生虫のような文在寅の娘と比較してしまう」などとバッシングされた

韓国で小室眞子さんの一時金受け取り辞退が評価され、「文在寅一家」が批判されるワケ

韓国で小室眞子さんの一時金受け取り辞退が評価され、「文在寅一家」が批判されるワケ

娘と2ショットに収まる大統領

■反日・アンチ皇室勢力の温床


 秋篠宮家の長女・小室眞子さんと圭さん夫妻が、11月14日にアメリカ・ニューヨークに到着した。その動向は結婚前から韓国メディアも大きく取り上げてきたが、夫妻に絡める形で、文在寅大統領一家が特権的な地位を利用し、不当な利益を貪っているのではないかという批判が改めて巻き起こっている。現地在住・羽田真代氏のレポート。

 小室夫妻がニューヨークに到着したことなどを伝える記事についたコメントを見てみると、

「婚姻関係が長く続くとは思えない」

「日本を捨てたのは、日本の未来が見えたからだ」

 などといったものが並び、反日・アンチ皇室勢力の温床と化しているようだった。

 しかしその一方で、

「平和な暮らしを捨てて自分の選んだ道を進むなんて…かっこいい」

「幸せになってほしい」

「こんな女性と出会いたい」

 など、好意的なコメントもそれなりに目に付いた。

 もっとも、コメント欄で最も目立っていたのは他ならぬ文在寅(ムン・ジェイン)大統領とその家族への容赦ないバッシングだった。


■寄生虫のような文在寅の娘と比較してしまう


 ざっと挙げてみると、

「寄生虫のような文在寅の娘とどうしても比較してしまう」

「1億円を放棄した眞子さんと、11年にわたって農夫をしていたと騙って農地を買い入れ、宅地に変更した文在寅とはあまりにも違う」

「結婚して家を出た娘が大統領府で無銭飲食、息子は支援金を違法で取得……」

 といったものだった。これについては少し説明が必要だろう。

 今年2月、文大統領の息子で現在はプログラマーや芸術家として活躍している文o縺iムン・ジュンヨン)氏が、ソウル文化財団が給付する“コロナ19被害緊急芸術支援事業”の支援金対象者に選ばれた。応募者が定員を遥かに上回り、文氏の申請書には記入漏れがかなりあったにもかかわらず支援が認められたとされ、その背景に「大統領への忖度だ」「不正受給だ」と野党やメディアからの批判が相次いだ。

 3月には、韓国土地住宅公社(LH)職員による土地投機疑惑が、文大統領本人と娘、夫人の弟の土地投機問題に飛び火した。2020年、文大統領は退任後の住まいとして、約1億円で南部・梁山(ヤンサン)市の土地を購入。そこは一部農地だったのだが、自身が「家庭菜園で11年間農業をしていた」と申告することで購入の許可を得ていた。その後、登記上の項目は「農地」から「宅地」に変えられ、土地の価値は上昇することになった。


■大統領の娘が祖国を捨てるなんて


 不動産を購入したくても買うことのできない若者が増加するなか、文大統領は大統領選で「住宅価格の安定を実現させる」と公約に掲げていた。しかし、価格は安定するどころか政権発足後4年で2倍に膨れ上がり、まさにバブルの様相を呈しており、バブル崩壊も近いとまで危惧されている。

 それなのに自分はと言えば不動産で不正に儲けようとしていたというのであれば、国民が怒るのも無理はない。

 が、一連の不動産取引をめぐる批判に対して文大統領は、謝罪をするどころか「みみっちくて、恥ずかしい」などと歯牙にもかけないスタンスを貫いてきた。不当な利益を貪っていると指摘してきた人たちを刺激したのは言うまでもない。

 批判の矛先は大統領の娘・ダヘ氏にも向かっている。彼女は2018年4月、夫名義のソウル市内にあるマンションの贈与を受け、その3カ月後にこれを売却して一家でタイに移住した。19年5月には、ソウル市内の住宅を購入したものの、帰国後に入居しないまま21年2月に売却。

 それ自体は通常の売買かもしれないが、持てる者だけが得をしているということに違いはなく、父・文大統領の不動産失政の恩恵に浴し、売買益を得たと痛烈な批判を受けているのだ。

 さらに今年11月に入り、娘のダヘ氏が昨年末に移住先のタイから帰国して以降、大統領公邸で生活していることが報じられ、これも国民の怒りを買った。加えてダヘ氏の夫も今年タイから帰国し、最近になって大統領公邸に移ったという。

 ダヘ氏がタイへ移住した当時、韓国民からは

「大統領の娘が祖国を捨てるなんて、ゴミのような国だ」

「文在寅は大統領の任期終了後すぐに公開の場ではずかしめを受けるべきだ」

 などと、口を極めてののしるようなコメントがウェブで散見された。

 小室眞子さんの「一時金辞退」と自国の大統領の問題とを結びつけるコメントが韓国で発せられたのには、こうした経緯があったというわけだ。

 日本では、小室眞子さんの結婚一時金の辞退はさほど好感を持って受け止められているとも言えず、冷静に受け止めているか、当然と思っている人も多いことだろう。

 しかし、結果的にその振る舞いは、小室夫妻の思惑とまったく関係なく、隣国の大統領の身勝手さを際立たせる役割を果たしたようだ。

羽田真代(はだ・まよ)
同志社大学卒業後、日本企業にて4年間勤務。2014年に単身韓国・ソウルに渡り、日本と韓国の情勢について研究。韓国企業で勤務する傍ら、執筆活動を行っている。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)