なぜ金正恩の娘が登場したのか 「平壌はウワサの街」でやむにやまれぬ事情も

なぜ金正恩の娘が登場したのか 「平壌はウワサの街」でやむにやまれぬ事情も

初公開された金正恩総書記とその娘(朝鮮中央通信より)

 北朝鮮は金正恩総書記の娘の写真を、11月19日に初めて公開した。韓国の報道によると、子供は2010年生まれと2013年、2017年生まれの3人という。写真の娘は、9歳の長女ようだ。北朝鮮に拉致された横田めぐみさんは13歳だったから、娘を思う親の気持ちは、指導者にもわかるはずだ。

 なぜ娘の写真を公表したのか。結論から言うと(1)金正恩の健康不安説の打ち消し(2)戦争への国民の不安解消(3)米国の「斬首作戦」(金正恩テロ)への対抗(4)中国への不満――と考えられる。

 テレビ局の放映で、ある大学教授は「(金一族)体制を永続させようとの意思表示」と解説したが、かなり根拠レスで疑問だ。体制継続を強調するなら長男を出せばいいので、娘と妻を出す意味はないから、体制永続とは関係ない。

 多くの専門家は、平壌は「噂が先行する街」という現実を、全く分かっていない。言論統制で「大本営発表的報道」しかない国では、ウワサが先行する。かつてのソウルやモスクワ、北京がそうだった。ウワサは、権力を揺さぶる。公式報道は、裏を考えるべきだ。


■権力者の意図と裏がある


 国際政治の分析には、相手の国がどのような状況にあるのかの情報入手と、正確な分析が必要だ。まず、北朝鮮の報道をそのまま受け入れるのは危険だ。報道の自由のない国の公式報道であることを忘れてはならない。必ず権力者の意図と裏がある。

 北朝鮮では、指導者一族の写真や動画の公表は、当局の詳細なチェックを経た上で、金正恩の許可が出ないと公表できない。つまり、北朝鮮に不利な写真や表情は出せない。これを分かった上で、専門家はコメントすべきだ。

 北朝鮮には指導者の娘の写真を出す必要があったから、公式写真を公表した。日本のような報道写真ではない。報道の自由はない。全ては、やらせ写真だ。写真の裏に何があるのかを、考えないといけない。また、北朝鮮のミサイル発射は、発射のたびに毎回報道されてはいない事実に、注意すべきだ。

 北朝鮮は11月7日付けの労働新聞で、それまで報道しなかったミサイル発射を20枚以上の写真と共に一挙に掲載した。こうした報道で、国民の指導者の偉大さを示し、国民と軍の士気を高めようとしたのだろう。ところが、当局の思惑を超えて、平壌ではさまざまなウワサが流された。


■幸せそうな指導者の姿を強調


 前述したように、平壌はウワサの街である。韓国での報道が、たちまちに広がる。金正恩は、1ヶ月も姿を見せなかった。その間に、労働新聞でしばらくぶりにミサイル発射が報じられ、米韓合同軍事演習への対抗だ、と説明された。

 この事実を、事情を知らない市民が考えると、「指導者が姿を見せないのは健康状態が悪いからだ」「多数のミサイル発射は戦争が近いからだ」「経済や食糧事情の悪化はひどいのに、ミサイルに金を使う」――などのウワサとなって流される。これを打ち消すために、ICBM(大陸間弾道弾)の発射映像を、テレビで放映せざるを得なくなったのだ。

 それなら指導者だけ登場させればいいのに、なぜ娘の姿を出したのか。金正恩だけの映像なら、「影武者ではないか」とのウワサがまた流れる。家族も一緒に映して、影武者ではないと強調する必要があったのだ。しかも、幸せそうな指導者の姿も強調できる。

 金正恩が1ヶ月も姿を見せなかったのには、理由がある。北朝鮮が今最も恐れているのは、米国が計画する、金正恩へのテロ(斬首)作戦だ。今年春には、「斬首作戦部隊の訓練が韓国で行われた」との情報が、米韓側から意図的に流された。

 この夏以来の米韓合同軍事演習でも、「斬首作戦部隊の訓練」情報が流された。これに加え、米軍のB1爆撃機やステルス攻撃機の演習参加が報じられたから、北朝鮮は「斬首作戦」の危機を真剣に受け止め、金正恩が姿を隠したようだ。金正恩は「核には核で対抗する」と述べたが、「斬首作戦を止めよ」とのメッセージだ。


■北朝鮮の弱さと苦悩


 その危機が去り、米韓合同軍事演習も終わったので姿を見せたが、ICBM発射実験を行い、「斬首作戦」をするなら米国に核兵器を撃つと脅したのだ。米朝の心理戦争の展開である。その際に、娘や妻と共に姿を示したのは、「斬首作戦」で家族も犠牲にするつもりか、と「人道的対応」をアピールし、米朝交渉に応じうる立場を強調したのではないか、と米情報関係者は指摘する。

 また、米国は米中首脳会談と韓中首脳会談への不満とも分析する。北朝鮮問題を、中国が勝手に討議したのと、中朝首脳会談をせずに韓中首脳会談をしたため、メンツを傷つけられた北朝鮮の不満の表明だとも分析している。ICBM発射で中国を怒らせないように、家族写真を入れたとみる。
 
 指導者の娘の写真公表はたかが写真だが、その背後には日本が知らない北朝鮮の国内事情と、国際政治の駆け引きがある。北朝鮮の「弱さ」と苦悩を知らないと、「北朝鮮の宣伝マン」になってしまう。北朝鮮の公式報道には、必ず裏があるとの見方を忘れてはいけない。

重村智計(しげむら・としみつ)
1945年生まれ。早稲田大学卒、毎日新聞社にてソウル特派員、ワシントン特派員、論説委員を歴任。拓殖大学、早稲田大学教授を経て、現在、早稲田大学名誉教授。朝鮮報道と研究の第一人者で、日本の朝鮮半島報道を変えた。著書に『外交敗北』(講談社)、『日朝韓、「虚言と幻想の帝国の解放」』(秀和システム)、『絶望の文在寅、孤独の金正恩』(ワニブックPLUS)、『半島動乱 北朝鮮が仕掛ける12の有事シナリオ』(ビジネス社)など多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)