韓国で展示される朝鮮総督府を見よ 日本統治時代の遺物をゴミ扱いするヘンな発想

韓国で日本統治時代の朝鮮総督府は"粗末に展示" 中国の大清皇帝功徳碑はライトアップ

記事まとめ

  • 韓国の国立独立記念館では、日本憎しの資料やジオラマが所狭し並んでいる
  • 朝鮮総督府の残骸はバラバラにされ「粗末に扱う形で展示」と注意書きで説明されている
  • 中国との歴史に関する建造物である大清皇帝功徳碑は、夜にはライトアップも

韓国で展示される朝鮮総督府を見よ 日本統治時代の遺物をゴミ扱いするヘンな発想

■取材・文/村上政俊(元衆議院議員)


 ソウルからKTXで約1時間、天安(チョナン)駅から車に乗って20分程のところに、韓国の国立独立記念館がある。広大な敷地には第1から第7までの展示室があり、日本憎しの資料やジオラマが所狭し並んでいる。それは韓国の博物館では見慣れた光景だ。ここでの極め付けは、展示ではない。バラバラにされた朝鮮総督府なのである。

 その残骸は、独立記念館の正面向かって左の一角に野晒しにされていた。

「独立紀念館(註:原文ママ)は、朝鮮総督府の建物の残骸を粗末に扱う形で展示した。朝鮮総督府の象徴だった尖塔を地下5メートルの深さに埋めて展示し、展示公園を太陽が沈む独立紀念館の西側に配置することで、日本帝国主義の没落と植民残滓の清算を強調した。」との説明が加えられていた。「粗末に扱う形」の通り、石柱などが粉々にしてわざと散らかして置いてある。

 独立記念館は、国家報勲処傘下のれっきとした準政府機関だ。そんな場所で、ここまで情緒的な文言を並べてみせる必要が果たしてあるのか。かつて京城の空に高々と聳えていた総督府の頂を、わざわざ地表よりも下に置いて見下すことで我が国を貶めようということなのだろう。しかし、そんな子供じみた振る舞いで書き換えられるほど、歴史は簡単なものではない。

 日の没するところを選んで尖塔を打ち捨てたのも、これまた我が国を辱めようとのことだろうか。日本という国号は、大陸や半島から見て日の昇るところに我が国が位置していることを示し、古代に定められた。聖徳太子の頃の「隋書」の「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。」という一節はつとに有名だろう。前者が天皇を、後者が隋の皇帝を指す。

 先の説明書きの前には「日帝の植民残滓を清算して民族の精気を回復することを目指し、朝鮮総督府の建物の撤去が始まった。」とその目的が記されている。だが、日本人には民族の精気を回復するという考え方が、いまいちピンと来ない。いまの文在寅大統領も、親日残滓を清算するといつも意気込んでいるが、そんなことで国がよくなると本気で思っているのだろうか。

■一方“大清皇帝功徳碑”は…


 むろん半島統治の中心となったのが朝鮮総督府であり、朝鮮総督に前身の韓国統監も含めれば、総理大臣経験者(もしくはのちに就任)が伊藤博文を始め5人も任命されている。それだけ日本国家が朝鮮統治に意を用いていたということがいえるだろう。

 帝国日本のこうした朝鮮重視を可視化したのが、総督府の庁舎だった。最初に設計にあたったのが、風見鶏の館(神戸市北野)で知られるドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデであり、大理石がふんだんに用いられて建設された。総督府だけではない。京城と改められたこの街を近代都市とすべく、交通の中心には塚本靖によって京城駅が、そして東京駅や奈良ホテルも手掛けた辰野金吾によって朝鮮銀行が建てられている。前者はソウル駅旧駅舎として、後者は韓国の中央銀行である韓国銀行の貨幣博物館として残されており、辛うじて往時を偲ぶことができる。

 だが、朝鮮近代化を象徴する建築だった旧総督府は、1995年に金泳三大統領によって無残に解体されてしまった。日本の朝鮮統治が終わりを告げたのちも、政府庁舎や国立中央博物館として使われていたが、金泳三による反日の餌食となってしまったのだ。解体には反対論も強かったが、竹島に初めて接岸施設を作るなど日本を標的にして世論を煽った金泳三にとって総督府撤去は、またとない人気取り策だっただろう。

 一方で辰野金吾の弟子である長野宇平治が手掛けた台湾総督府は、いまでも現役の中華民国総統府として利用されている 。赤い煉瓦と白い花崗岩のコントラストが印象的で、内部の見学も可能だ。坊主憎けりゃ袈裟まで憎しとばかりに歴史的価値のある総督府を爆破してしまう韓国と、日本との関係を大切に思ってくれる台湾の違いが、ここに端的に表れているだろう。

 同じ日に訪れたのが、蚕室(チャムシル)のロッテワールドから程近くに位置する大清皇帝功徳碑だ。そこまでするかという反日の現場を見たあとだっただけに、2つのギャップが一段と際立って感じられた。こちらは清皇帝への服従を示すことから「恥辱碑」ともいわれるが、四阿(あずまや)風に覆ってあり、夜にはライトアップもされている。

 朝鮮王朝の始祖である李成桂は、明から冊封(さくほう)を受けた。それが正統性を獲得するための唯一の手立てだったからだ。明への服属の証が、朝鮮という国号そのものを賜ったことであり、朝鮮半島北部の独裁国家は今でも自らそれを用いている。

 豊臣秀吉の朝鮮征伐に対して、朝鮮に援軍を送って財政難となったこともあり、明は衰退。北方で勃興したのが、女真族の後金(のちの清)だった。二代目の太宗ホンタイジは、中国本土だけでなく朝鮮半島にも狙いを定め、兵を進めた。内陸アジアの大地で鍛え抜かれた強者たちの前にほとんどなすすべもなく、朝鮮国王・仁祖は清に服属した。

 清と朝鮮との君臣関係を“見える化”するために三田渡(さんでんと)で行われたのが、三跪九叩頭の礼だった。清皇帝に対して国王自らが地面に額を打ち付けるという場面は、この上もなく恥辱にまみれているといえよう。文化的価値を顧みずに旧総督府を平気で潰してしまう人達なら、はるかに簡単に壊せる屈辱的な碑など直ちに撤去しそうなものだが、未だに残されている。情緒が剥き出しになる日本への反応と比較すると、とても奇妙だ。

 結局のところ、中国大陸の勢力に媚び諂うことに抵抗はないが、日本に対しては半狂乱で居丈高に振る舞ってしまうというのが、彼の国の人達の性なのだろう。中国を中心とした秩序に、いま急速に吸い寄せられつつ、日韓関係が最悪の状況にあるというのは、別々の現象ではないし、深く深く歴史に根差した方向性だということが、韓国の2つの歴史スポットから導かれる結論ではなかろうか。

村上政俊(むらかみ・まさとし)
1983年大阪市生まれ。東京大学法学部卒。外務省に入り、国際情報統括官組織、在中国、在英国大使館外交官補を経て、12年から14年まで衆議院議員。現在は同志社大学、皇學館大学で講師を務める。

週刊新潮WEB取材班

2019年4月15日 掲載

関連記事(外部サイト)