G20直前、金正恩がもらって小躍りした「トランプ親書」の中身は?

 金正恩(キム・ジョンウン)委員長がトランプ(Donald Trump)大統領から親書をもらって小躍りする。何が書いてあったのか――。大阪でのG20サミット(20カ国・地域首脳会議)を前に、大変動を予感させる駆け引きが始まった。(鈴置高史/韓国観察者)


■「並々ならぬ勇気」と称賛


 6月23日の朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は「金正恩委員長にトランプ大統領の親書が寄せられた」と1面で報じた。記事には執務室の机で眼鏡をかけてトランプ親書を読む金正恩委員長の写真が付いている。よほどうれしい内容が書かれていたのだ。

「我が民族同士」(日本語版)は、敬愛する最高指導者(金正恩委員長)の親書への歓迎を以下のように伝えた。

・親書を読んで立派な内容が盛り込まれていると述べ、満足の意を表した。
・トランプ大統領の政治的判断能力と並々ならぬ勇気に謝意を表すると述べ、興味深い内容を慎重に考えてみると語った。

 米国のポンペオ(Mike Pompeo)国務長官も同日「トランプ親書が話し合いの土台になるよう希望する。直ちに対話再開の用意がある」と語った。

 ただ、米朝双方とも親書の内容は明かしていない。「トランプ大統領の並々ならぬ勇気」を示す親書とは、いったいどんな内容だったのだろうか。

■米国が圧倒的に優位


 米朝交渉は暗礁に乗り上げている。今年2月末のハノイの首脳会談で、北朝鮮が「一部の核施設の廃棄」と「制裁の全面解除」を取引しようと持ちかけた。それを米国は真っ向から拒否。「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」(CVID)を要求した。

 では、今回の親書でトランプ大統領は「CVID」の緩和を打ち出すなど、北朝鮮の主張を少しでも受け入れたのだろうか。それはまず、なかろう。

 なぜなら金正恩委員長は「満足」と言ったが、「慎重に考える」とも表明した。「CVID緩和」の提案なら、飛びついたはずだ。

 そもそも今、立場は米国が圧倒的に強い。米国が譲歩する必要は全くない。経済制裁で北朝鮮は息も絶え絶えになっている。

 そのうえ米国は「先制核攻撃」をチラつかせ始めた。準備がほぼ、終わったからだ(「米国にとって北朝鮮は狂信的なカルト集団、“先制核攻撃”があり得るこれだけの根拠」参照)。

 図表「米国が北朝鮮に使うムチとアメ」を見ても「米国優位」は明らかだ。米国が政府の運営する放送局VOAを通じ、北朝鮮を圧迫する。

すると、金正恩委員長はトランプ大統領に親書を送ったり、「忍耐心を維持する」と語ったり、「わび」を入れる構図になっている。

■「米軍撤収」なら大満足


 現在の争点を巡り米国が譲歩したのではないとすると、別の次元で金正恩委員長が「満足」するようなアメを米国が示したことになる。

 もっともありそうな「アメ」が「在韓米軍の一部撤収」だ。図表「在韓米軍撤収を巡る動き」が示すように米国は、少なくとも陸軍はいつでも撤収できる準備を進めている(「米軍は韓国からいつ撤収? 北朝鮮を先制攻撃する可能性は? 読者の疑問に答える」参照)。

 これなら金正恩委員長は「それなりに満足」であろう。軍事的な脅威が大幅に低下するという実利。さらには、非核化に動く名分にもなる。委員長は国内で面子を保ちながら譲歩できるのだ。

 ただ、その決断は軍との調整が必要だ。だから「慎重に考える」の表現により、少々時間がかかると表明したのではないだろうか。

 トランプ大統領の示した交換条件は「一部撤収」ではなく「全面撤収」あるいは「米韓同盟廃棄」を示唆するものだったかもしれない。それなら金正恩委員長は「大満足」であろう。

 あるいは6月10日に、そうした踏み込んだ提案を北朝鮮側がトランプ大統領に送った親書で打ち出していて、米国側の返答の親書が肯定的に受け入れた可能性もある。

 いずれにせよトランプ親書が「米韓同盟廃棄」につながる大胆な内容だったからこそ、「トランプ大統領の政治的判断能力と並々ならぬ勇気」と、金正恩委員長が称えたのではないか。

 もっとも、北朝鮮が核を完全に手放すかは怪しい。何とかして「こっそり保有」できないか、画策することになりそうだが。

■「韓国人に嫌われている」


「米韓同盟廃棄」は驚くべき話ではない。トランプ大統領は就任前からこの同盟に懐疑的で、朝鮮半島に兵を置くことに意味を認めていなかった(『米韓同盟消滅』第1章「離婚する米韓」参照)。

 5月8日にはフロリダでの演説で「危険な場所に位置し米国が50億ドルかけて守っているのに、たった5億ドルしか支払わない金持ちの国」と韓国を事実上、名指ししたうえ「彼らは我々を相当に嫌っているようだ」と、嫌悪感を露わにした。

 米誌「THE HILL」の「Trump holds campaign rally in Florida」(動画)で視聴することができる(6分10秒過ぎから)。

 トランプ大統領ならずとも、文在寅(ムン・ジェイン)政権の根っからの反米親北路線を見て、韓国との同盟に疑問を抱く米国の関係者が増えている。

 2018年11月には駐韓米国大使が「同盟がいつまでも続くと思うな」と韓国人に対し警告した(「米軍は韓国からいつ撤収? 北朝鮮を先制攻撃する可能性は? 読者の疑問に答える」参照)。

 2019年5月には中立的な議会調査局までもが調査報告書で「米韓の協力関係は亀裂が深まる一方で、先行きは予測できない」と書いた(「ついに『在韓米軍』撤収の号砲が鳴る 米国が北朝鮮を先行攻撃できる体制は整った」参照)。

 賞味期限の切れた腐った同盟を損切りすることで、北朝鮮の非核化ができるなら安いもの――との発想が、米国内にも広がっているのだ。

「米国との同盟が諸悪の根源」と考える文在寅政権も米韓同盟の廃棄には内心、大喜びだろう。韓国の保守や普通の人々は反対するであろうが、米国に見捨てられる以上、どうしようもない(『米韓同盟消滅』第1章「離婚する米韓」参照)。


■「非核化」の引き換えに「中立化」


「目と鼻の先から米軍基地がなくなる」と米韓同盟消滅に手を打って喜ぶのは北朝鮮だけではない。中国やロシアも同様だ。

 6月19日、習近平国家主席は訪朝に先立ち、北朝鮮の労働新聞に寄稿した。極めて興味深いくだりがあちこちに登場する。「我が民族同士」(朝鮮語版)の記事を翻訳する。

・中国側は朝鮮の同志と共に手を取り合って努力し、地域の恒久的な安定を実現するため、偉大な計画を一緒に作成する用意があります。
・私と金正恩同志の指導と共同の努力により、70年間の輝く道のりを歩んできた中朝関係は新たな歴史的な出発点に立っており、新しい生気と活力をほとばしらせています。
・意思疎通と対話、調整と協調の強化により、地域の平和と安定のための新しい局面を拓いていくことでしょう。

「恒久的な安定のための偉大な計画」「新たな歴史的出発点」「安定と平和のための新しい局面」。いずれも北東アジアの構造的な変化を予告する言葉だ。

「北朝鮮が非核化に応じないのは、その後の核の傘の保証がないからだ」と中国とロシアは指摘してきた。図表「朝鮮半島は誰の核の傘に入るのか」で言えば、「シナリオIV」を避けるには「I」「II」「III」しかない。

 トランプ親書は「III」つまり米韓同盟と、形式的には残る中朝同盟を同時に廃棄して半島全体を中立化しようと呼び掛けたように見える。


■「韓国は中国の一部だった」


 原案は中国から出たのかもしれない。2017年4月の米中首脳会談に際して、中国が米国に「韓国主導の統一・中立化と半島の非核化」を提案したとハーバート大学のアリソン(Graham Allison)教授がNYTに書いた。

「Thinking the Unthinkable With North Korea」(2017年5月30日)である。「金正恩体制の除去」を前提にした点は異なるが、「V」と「半島全体の中立化」で共通している。

 トランプ大統領もその首脳会談で「習近平主席から『韓国は歴史的に中国の一部だった』と説明された」と米紙ウォール・ストリート・ジャーナルに明かしている。

「WSJ Trump Interview Excerpts: China, North Korea, Ex-Im Bank, Obamacare, Bannon, More」(2017年4月12日)だ。韓国を含め朝鮮半島は伝統的に中国の勢力圏であったことを指摘し、暗にそれを認めたのだ。

 米朝が水面下で模索する「中立化・非核化構想」に関しては『米韓同盟消滅』第1章「離婚する米韓」が詳しく触れている。


■激変する東北アジア


 6月28日から大阪で開かれるG20サミット。金正恩委員長と「恒久的な安定のための偉大な計画」を話し合ったばかりの習近平主席が、その結果をトランプ大統領に説明するのは間違いない。

 G20サミットが終わる6月29日、トランプ大統領は訪韓する。板門店まで赴き、金正恩委員長と会談するとの憶測もある。

 もちろん、米韓同盟が今年中になくなるわけではない。北朝鮮の非核化がすぐに実現するわけでもないだろう。だが、東北アジアの安全保障環境がいずれ激変する可能性が高い。日本はどう立ち回るのか。

「激変」は拉致被害者を救い出すチャンスでもある。安倍晋三首相が「金正恩委員長とは条件なしに会う」と言い出したのも、これを見据えてのことかもしれない。

鈴置高史(すずおき・たかぶみ)
韓国観察者。1954年(昭和29年)愛知県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。日本経済新聞社でソウル、香港特派員、経済解説部長などを歴任。95〜96年にハーバード大学国際問題研究所で研究員、2006年にイースト・ウエスト・センター(ハワイ)でジェファーソン・プログラム・フェローを務める。18年3月に退社。著書に『米韓同盟消滅』(新潮新書)、近未来小説『朝鮮半島201Z年』(日本経済新聞出版社)など。2002年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年6月25日 掲載

関連記事(外部サイト)